FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】部屋に入ろうとするヤツ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】部屋に入ろうとするヤツ 短編

これは俺が大学一年の五月の話。

親しいヤツにしか話した事がないんだが・・・

地方から出てきて、

大学に入り一ヶ月くらい。

IMG_2323.jpg


まだ殆ど友達もおらず、
授業が終わると即効でアパートに帰ってた。

とまぁ、ここまではよくある話。

ある日の夕方、
チャイムも鳴らさず
俺の部屋に入ろうとするヤツがいる。

慌ててキーチェーンをして、
直ぐに布団に潜って息を潜めてた。

のぞき窓から確認すれば良かったんだが、
何故かイヤな予感がして
それはやらなかった。

翌日も同じような時間に入ろうとするヤツが来た。

勿論、同じようにキーチェーンをして、
布団に潜り込んだ。

同じくイヤな予感がしたから。

またその翌日も、その次の日も、
同じようにやってくる。

さすがに気味が悪くなってきたころ、
持ち電話がなった。

「おい、K!Kだろ??あれ?」

Kとは俺の名字と似ているが違う名字。

相手「お前何他人のそぶりしてんだよ」

俺「いや、あの、●●といいますが・・」

相手「なんだ、まぁいいや」ガチャ

その少し後、またドアがガチャガチャ。

そのときは、更にイヤな予感がした。

俺の部屋は一階の道路側で、
いつもカーテンを閉めてたんだが、
そのカーテンのすき間から誰かがみてる。

「マズイ」

と思った瞬間、
そいつと目があった。

誰かに似てる?

それから数日、
ドアは開けられそうな事はなかった。

忘れかけそうになってたある日、
キーチェーンをせずに、
鍵だけかけて部屋にいた。

突然、鍵を開ける音が聞こえ、ドアが開いた。

うわ、入って来やがったと思って、
武器になりそうなものを手に取り玄関へ。

俺は凍りついた。

そいつはまぎれもなく、俺だった。

暫く会話したのだが、
内容は良く覚えていない。

ただ、その後、あいつは来なくなった。

一体、なんだったんだろう。

未だによく解らない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます