FC2ブログ

[超怖い話 実話] 老舗旅館 開かずの間 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 老舗旅館 開かずの間 短編

超怖い話 実話 短編



長い休みが取れたので、東北の方へ旅行へ行った時の事です。

予約していた宿には夜遅く着き、老舗の立派な旅館だったんです。

着いたのが遅かったので、寝る事にしました。

電気を消してうとうととした時でした。

女性、三人くらいでひそひそ話が聴こえたんです。

「 へ〜 ・・・そうなの?ふふふ・・・」

と言った声が聴こえる。

最初は、旅館の人が廊下で話しているのかと思いましたが、よく聞くと天井から聞こえてくる。

でも気にしないようにしてたんですけど、そのうち・・・・・

” ガリガリガリ ガリガリガリ ”


と、爪をひっかくような音が・・・

そうしたら、次に


” ベリベリベリ ベリベリベリ ”

という天井をこじ開けるような音が。

怖くなって、隣に寝ている友達の方を見たら、私と全く同じ方向を見ている。

二人共同じ方向を黙って見てた。


IMG_1399.jpg

二人で辺りを見回していたら

” ドン! ガリガリガリガリ ” 


天井が剥がれるようなすごい音が。

何かある!! 必死になって部屋を出ました。

次の日になって旅館の人に怖くて怖くて眠れなかったという話をしたら・・・


「 実は・・・お客様が泊まった部屋の上の部屋

    
     ・・・開かずの間なんです 」



でも、何であんな声が聞こえたのか?

不思議な体験でした。


超怖い話 ランキング ★★★★☆



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます