FC2ブログ

【怖い話 実話 一番怖い話】赤い女 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】赤い女 長編

この前学校で、

昼休みに友人5人ほどと食事をしながら

自分が通ってた高校や中学の話をしていました、

話が弾み、

IMG_2044.jpg


小学校から殆ど記憶に無い保育所、
幼稚園の話になった時
友人Aが急に「あっ」と言いました、

皆が

『なしたんさA?』

とお決りの反応をすると・・・

A「俺スゲーこと思い出した…」

俺「なになに?」

A「俺さぁ、小さい頃ヘンな物見たんだ…
赤い人…多分女だった…。」

一同『なになにソレー!話せよ~話せよ~!』
(俺オカルト好きだから一番の喰い付き)


Aの体験談↓

Aは田舎の育ちで(俺もだけど)
保育所で少し変わった行事が多かったらしい

コレは[ソリ遠足](冬、バスで山に行き遊び倒す行事らしい)
で体験した話です

山に着いたAは
当時から仲良しのZと2人で遊んでいた。

最初は先生や親の近くで遊んでいたけど、
物足りなく更に上へ登っていった、

そしてある程度高い所着き、
一息ついていた。

するとZが反対側を指し

「おいA、あれ誰だろう?」

そっちを見ると、
年齢は解らないが木々の影に人がいた、

距離は100mも離れてなかったと思う。

Aは

「行ってみよーぜ」

と、Zもついて行く。

近付くにつれ後ろ姿だが女だと分かった。

大きいコートを着て髪はボサボサで長かった。

しゃがんで雪を掘ってるようだ。

周りの雪が赤い。

Aが

「お姉さん何か探してるの?」

Zがすぐ後ろに居たので怖くはなかった、
その時は・・・

Aが声をかけたら女は無言で立ち上がった、
デカイ(子供だったからそう感じたのかも)

女は振向きAとZを見下ろした。

コートは汚れていて、手と顔が赤い。

掘っていた穴には黒っぽい何かの塊。

AとZが呆然としてると女はエラク低い声で

『ウゴゥゲー!×②』

みたいな…

AZ「「うわー!!!」」

Aは持ってたソリを投付け、
Zを追いかけるように逃げた

さっきまで居た所に着き
Zのソリでニケツ(?)をし、
皆の所に戻った、

女は追って来なかったようだ。

G先生に何処に居たか聞かれたが、
安心と恐怖で2人とも号泣し話せなかったので
カナリ怒られた…。

この話を聞いて皆

『うっそだー(笑)』

見たいな反応でしたが、
AがZに電話したんです、
ハンズフリー(?)で。

Zも思い出した(覚えていた?)ようです、

Z「あの女エライ気持悪いツラしてたよな、
特に目!白目っぽかったよな?」

A「そこまで覚えてねーわw」

今回の事で

『もしかしたら俺も小さい頃何かあったかも…覚えてないだけでさ…』

と思うようになりました、何も思い出せませんけど。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます