[超怖い話 実話] 動画に現れた真実の恐怖 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 動画に現れた真実の恐怖 短編

超怖い話 実話 短編


それは、ごく普通の仲の良い三人家族の動画。

お母さんが小さな子供を公園で遊ばせている・・・そんな風景が映っている。

それをお父さんが撮影している。

どこにでもありそうな、ホームビデオで、仲の良さそうな家族が幸せそうな場面が映っていた。

ビデオを見ていくと、映っているお母さんと子供が

「パパー!!」

カメラに向かって、手を振ってる。


IMG_2106.jpg

しかし、そこから恐怖が画面に・・・

急に画面全体に、ぶわっと顔がはりついてきた。

とにかくすごい形相の顔が、画面全体にはりついて映っている。

こんなに怖い顔は見たことがないっていうような表情で!!

専門の人に鑑定してもらうと、映っていた顔というのは

カメラを見て手を振っている「小さな男の子が怒っている顔」だったそうです。

色々と調べてみた結果・・・

男の子はお父さんの知らない所で、お母さんからひどい虐待を受けていて

その事をどうにかしてお父さんにわかって欲しくて


『 生霊がカメラに映った 』


そうなんです。

テレビでも放送できない程で、お蔵入りになったそうです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます