FC2ブログ

【怖い話 実話 一番怖い話】カラーでなく真っ白 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】カラーでなく真っ白 長編

俺がまだ厨房だった頃。

普段から視界の端にカラーで

幽霊らしきものが見えると思い込んでた。

そう恐らく思い込みだったんだ。

IMG_2086.jpg


そいつに会うまでは。

俺の家の間取りは
吹き抜けになった階段を上り切った正面に親父の和室。

右手に兄の和室。

左手に俺の洋室とあるわけだが
その日も調子よく少々螺旋状になった階段を駆け上がったが
登りきる前に硬直した。

そいつが居たんだ。

正面の和室の半分開いた襖から身を半分乗り出し、
手を襖にかけている。

ただ恐ろしいのは今まで遠くの方
しかも視界の端にしか見たことなかったのに
1メートル位しかない距離で
しかも真正面に対峙している事と
そいつはカラーでなく
真っ白で髪が長くめちゃくちゃ睨んでくる。

怒っているのが一発でわかったし、
それから異様なのが
中指やら五指の内2、3本がやたらと長い。

俺は何も言わず
素早く階段を掛けおり
台所で用事をしていた母の隣にいった。

しばらく二階には上がれなかった。


これにはまだ後日談がある。

以下後日談

その日から一ヵ月以内に
母が一階の居間で金縛りにあった。

彼女は非常に怖がりなので
疲れていたからだと自分に言い聞かすが、
明らかに胸に何か乗ってきて
がくがく震えが止まらなかったそうだ。

次に玄関で靴を履いていたら
天井に消えていく
白いカーテンの裾みたいなのを俺が見た。

ちなみに玄関の上は親父の部屋。

んでまた少し日が空いて
親父がきもい事を言いだした。

寝ていたらずっと顔の怖い白い女に
睨まれている夢を見ると。

当時そいつがこの家にすんでるんだと思うと
怖くてたまらなかった。

しかもその頃
頻繁に俺が部活で居ない筈の時間帯に
俺の声で買い物から帰ってきた母に
おかえりと二階から言う声がしたと言う。

兄も言われたらしい。

それからやっと怖さも薄れてきた頃

自分の部屋で寝ていると
そいつが俺の部屋の壁を突き抜けて
隣の家に行くのを見た。

約半年の付き合いだった。

それでごく最近
やっとこの話を人に語れるようになったので
飲みに行ったときとか
調子に乗ってしゃべりまくってたわけ。

そしたらまた帰ってきた。

風呂場に幽霊がいると兄が言ったのだ。

基本的に信じないので
嘘つくなぼけとその場は流したが
ある日自室に居ると
下から母の声で

「●●ー下りてきいよーー!」

と叫ばれた。

だるかったので

「嫌じゃぼけー」

と帰したらすごく近い距離で
ふざけんなよと言われた。

部屋には俺一人だったのに。

以上長文になりましたがこんな話です。

これかいてる間
肩が痛くて
タンスがピシピシなっていると言うことは
あいつはまだ俺んちにいますねorz


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます