FC2ブログ

[超怖い話 実話] 次おります。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 次おります。 短編

超怖い話 実話 短編


会社から自宅まで、バスで通勤しているのですが、残業の疲れもあって、バスの中で寝てしまいました。

音楽を聞きながら寝てしまったので、気づいた時には

『 ここどこだ? 』

なんだか、見覚えのない景色のようだったので、乗り過ごしたかと思ってイヤホンを外すと

自分の降りるバス停の2つ前でした。

夜の22時過ぎていたので、ああ・・・良かった・・・

ほっとしていると・・・

自分の後ろの座席から声がしました。


IMG_2134.jpg

 『 次 ・・・おりますから ・・・』


誰かと話していると思ったので、特に気にせずに降りるバス停が近づいてきたので

ボタンをおしました。


「 次 止まります 」


車内のアナウンスが流れる音がした後に、また女性の声が・・・


『 おりますから・・・』


降りるバス停に止まって、自分の後ろを振り向くと誰もいない・・・

バスの車内には、自分1人だけでした。

でも、バスを降りてから、バスが発車しないで数秒間止まったままでした。

自分には見えない何かが、運転手さんには見えていたのでしょうか?


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます