【怖い話 実話 不気味な話】遺体を社の中に隠した・・・ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】遺体を社の中に隠した・・・ 短編

俺の住む集落には『武君様』と言う神様が祀られている。

なんでも、この集落を野武士などから守り命を

落とした青年が、神と成り今もこの

集落を守ってるらしい。

IMG_1297.jpg


この『武君様』を祀ってる祠の様な物が村の山奥にある。
これは夏と冬の年に二度ある祭りの時にしか子供は入ってはいけない。
しかし、俺は小学生の時、同級生の友達(違う町内の子)と無断で入ったことがある。
そこで、俺は凄いものを見た・・・。

祠は木で出来た小さくて古い社の様な物があり、その中に何があるかは村の極一部の人しか知らない。
俺の父や祖父さんも知らなかった。
その話を友達にすると、「見てみたい!」っと言ってきた。
俺は村の大人に怒られるから止めたほうがいいと思ったが、一度自分も見てみたかったので同意した。

社には錠がしてあったが古く錆びていたので、簡単に外せた。
扉が開くと中から異臭と茶色に変色した布に包まれた物が出てきた。

俺と友達は異臭で胸が悪くなり、その場でゲェーゲェーと吐いた。
そして、異臭を放ってる茶色の塊の変色した布を剥がした。
中からは黒茶色の小さなミイラ(この時そう見えた)が出てきた・・・。

次の日、祠を管理していた集落の長が逮捕された。
どうやら、高校生の娘に子供が出来てしまったらしい。
堕ろさせるはずだったのだが、気づくのが遅かったらしく。
産ませてしまったらしい。

そして、この不名誉を村人から隠すためこの子を殺し、遺体を社の中に隠したそうだ。
この一軒以来、友達は扉を開けるのが怖くなったそうだ。
俺もたまに、あのミイラの夢を見る。

書き忘れてたことだが、社の中身は元は『武君様』を模して作った仏像があったらしいが、長はそれを捨ててしまったらしい。
そのせいか、これを『武君様の祟り』と呼ぶ人も少なくなかった。

長の高校生の娘は父に子を奪われたショックで発狂してしまい、長は家の娘の部屋に監禁していた。
施設で治療して順調に回復。

長の奥さん共々、今何処にいるかは誰も知らない。
長は今も刑務所に居るらしいが、定かではない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます