FC2ブログ

【超怖い話 実話】人間だったなあーいう怖い行動はやめてほしい 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話】人間だったなあーいう怖い行動はやめてほしい 短編

京都で私が見た話を一つ。

随分前ですが、

学生時代私は北大路に

住んでいました。

IMG_2450.jpg


下宿だったので、お風呂がなく銭湯に行っていたのですが貧乏だったので、銭湯代をけちるため、四条大宮の方に下宿していた姉のところに毎晩のように夜中自転車で通っていました。(姉の所にはお風呂があったんです)
時間は夜11時頃だったと思います。

二条城の前を自転車で通り過ぎようとしたところ前の方に一人の女がいたのです。
私はジョギングしている人だろうと思い、気にもとめていなかったのですが、近づくにつれ何か変だなぁと思うようになりました。
その女の人は私と同じ方を向いていたのですが、(私が女の人の背中から自転車でぬく感じで)どうも前の方に向かって走っている感じではなく、後ろ歩きで私の方にゆっくりと近づいてくる様なのです。

変わった練習方法だなぁ?と思いつつ自転車でどんどん近づいていくと服装がジャージではないことに気づきました。

白いスカートのような感じだったと思いますが、なぜかあまり服装は覚えていません。
そして黒い髪の毛が腰のあたりまでダラッとのびている様な感じです。
鞄とかも持っていません。
後ろ歩きでこちらに歩いてくる様子はかなり異様でしたが、はっきりと前にいるので幽霊だとは思えませんでした。

何しているんだろう?と思いましたが変な人には関わらないでおこうと自転車のスピードをはやめました。

いよいよ女の人に近づき横を通り抜けた瞬間やはり気になって後ろを振り返りました。

足下の方から目に入ってきました。
つま先がこちらの方に向いています。
なにげに視線を上の方に上げていくと顔がある部分はなんと背中から見たような真っ黒な髪の毛が垂れ下がっていました。

映画の貞子のような感じですが目すらも見えませんでした。
髪の毛ばっかり!

私はその瞬間前を見て死にものぐるいで自転車をこぎまくりました。
あれは何だったのでしょうか・・・。

その後も銭湯代をけちるため姉の所に行きましたが、時間帯を早めたり道を変えたりしたので同じものを見ることはできませんでした。

私が見た中で一番怖かったものを書きました。
あれが人間だったのか幽霊だったのかわからないけど見た時は本当怖かったよ。

人間だったなら頼むからあーいう怖い行動をとるのはやめてほしいです。
本当になんだったんだろ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます