[超怖い話 実話] 知らない方が良かった夏休みの絵日記 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 知らない方が良かった夏休みの絵日記 短編

超怖い話 実話 短編


押し入れを大掃除していたら、子供の頃に書いた絵日記が見つかった。

夏休みに書いた絵日記のようで、1年3組って書いてあった。

絵日記なんて全く記憶になかったので、最初のページから見ていた。

汚い字で、色鉛筆で絵が書いてあり、その日にした事が日記に書いてあった。

途中までパラパラとめくっていると、最初のページとはなんだか違う人が書いている感じの内容だった。


IMG_1301.jpg

 8/13 あの白いものは なんだろう・・・?そろそろむかえに きたのかな? おきつねさま 


 8/14 やめてくれ こないでくれ 

 8/15 おれじゃない ちがう こわい たすけて 


なんだこれ?

最後のページには、又元の汚い字になっていて、その日プールへ行っただの

朝顔の世話をしたなど、子供らしい絵日記になってました。

数日間に、誰かに取り憑かれていたのかも知れません。

先生の言葉が

『 よくできました。 まさる くん 』


自分の名前は つよし なのに・・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.07|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます