[超怖い話 実話] ゲームセンターのヒーロー 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] ゲームセンターのヒーロー 短編

超怖い話 実話 短編


地元のデパートの屋上にはゲームセンターがあって、子供達がゲームにたむろしていました。

本当は、学校では禁止されているゲームセンターでしたが、その時はテレビゲームが流行っていた時代だったので

皆、夢中でゲームを楽しんでました。

その中で、野球帽を被った小学校4年生くらいの男の子が、大人顔負けなほど

ものすごく、ゲームが上手な子がいました。

対戦型のゲームでは、ずば抜けていつも1位で、皆の憧れのヒーローでした。


IMG_1694.jpg

その子がゲームをする時には、いつも何人も子供達がそばで、ゲームをしているのを見ていて

手さばきなんて、もの凄く早い!

小学生には憧れの存在でしたが、中学に入る頃にはゲームセンターへも行かなくなり

その子の存在も忘れていました。

年月が経って、そこのデパートが閉鎖する事になったのを聞いて、懐かしさもあってデパートのゲームセンター

を覗いてみました。

さすがに、家庭でテレビゲームが出来る時代なので、子供なんてほとんどいませんでした。

店内を見回していると・・・

” 子供の時の ヒーローが ”


昔と同じ野球帽を被って、子供の時のまま・・・

まるでタイムスリップしたかの様な・・・懐かしく感じました。

でも、これだけ年月が経っているのに、背格好も当時のまま・・・・

彼に近づいてみて見ると、顔にはシワは出来ていた。

その時に初めてわかりました。

彼が何故、ゲームがうまかったのか・・・

彼は、体が成長できない病気でした。

って事は・・・・?

自分が子供の頃の彼って、きっと20歳近かったのか?

相変わらず、一人でもくもくとゲームに没頭していました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.07|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます