FC2ブログ

[超怖い話 実話] かっぱえびせんの干物 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] かっぱえびせんの干物 短編

超怖い話 実話 短編


昔、近所に一人暮らしのお婆さんがいました。

一軒家の平屋に住んでいて、優しくて気品のある80代くらいのお婆さんでした。

一度だけ、友達とお婆さんの家の前で遊んでいると、手招きされて

「 どうぞ・・・」

といって、かっぱえびせん テッシュに包んでもらいました。

IMG_1622.jpg

なんか、変な味がするかっぱえびせんで 少し湿気っていて美味しくない・・・

数本食べた後、友達と川に捨ててしまいました。

次の日に学校の帰りに又お婆さんの家を通ると、他の子供に かっぱえびせんをテッシュに包んであげている。

昨日もらって不味かったので、走っておばあさんの家を通りすぎました。

それから1週間程して、そのお婆さんの家の縁側の所に

四角い缶の中に何か入っているのが見えました。

その中には・・・・

『 かっぱえびせん が干してました 』

何のために、かっぱえびせんを干物にしているのか?

子供に何で配っているのか?

変な味がしたのは、オリジナルで何か入れてるのか?

お婆さんには聞く事ができませんでしたが。

今はもうお婆さんは亡くなってしまい、そこの場所は駐車場になってます。

実話です。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます