【怖い話 実話 本当にあった怖い話】「・・・戻ってきなさい・・・」短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】「・・・戻ってきなさい・・・」短編

昔嫌な体験をしましたので、

それについて書かせていただきます。

当時僕は大学を卒業したば

かりのサラリーマンで

IMG_1423.jpg


東京で一人暮らししていました。

社会人になってはじめてのGWということで
栃木にある実家に帰ることにしました。

実家までは車で帰りましたが、
途中で渋滞にあってしまい、
疲れてきたので
途中でサービスエリアにより休むことにしました。

そんなこともあり、
結局実家に着いたは夜の10時過ぎになってしまいました。

家に着くと
とても嫌な感じの重い空気が流れているのを感じました。

僕は霊とかそういうものは信じてないし、
霊感なんて無関係という人間ですが、
その異常な邪悪な空気を感じることができました。

しかし、その時はあまり気にせず家の中に入りました。

家では両親がまだ起きてて出迎えてくれました。

そして両親と会社の事など
とりとめの無い話をしてました。

両親から

「ここにずっと居なさい。」

みたいなことを言われ、
その時は自分がとても心配されているんだなと思い
うれしく思いました。

しかし、僕はこの禍々しい空気が気になっていたのと、
夜も遅く疲れていたこともあり、
自室で休むことにしました。

僕は寝ようとは思いましたが、
少しも寝付けませんでした。

僕は何かがおかしいと布団のなかで考えていました。

何か変だ。

すでに夜1時近くになっていました。

居間には電気が消えていて
両親はすでに寝ているようでした。

僕は喉が乾いてきたので、
台所へ行き何か飲み物はないか冷蔵庫をあけました。

すると酷い臭いがしました。

何だと思い電気を点け調べようとしましたが
何故か電気が点きませんでした。

しょうがないので携帯電話の明かりで調べると、
どうやら冷蔵庫の中のものが腐っているようでした。

賞味期限をみてみると
全ての食品が5年近く前になっていました。

僕は嫌な予感がしましたが、両親に聞いてみようと、
両親の部屋に行きましたが、誰も居ないどころか、
布団さえ敷いていませんでした。

それどころか、部屋は酷く埃っぽく、
長年誰も使っていないような感じでした。

僕は本能的にやばい、
この家を出なくてはと感じ、
荷物をまとめると、すぐに車に乗り込みました。

そしていざ車を出そうとバックミラーを見ると
両親が立っていました。

僕は急いで車を出しました。

おそらく彼らは両親ではなかったのではないかとおもいます。

そしてあの家もあるいは・・・。

気がつくと帰るときに寄ったサービスエリアまで着ていました。

僕はそこで休むことにしました。

目が覚めると昼過ぎになっていました。

このまま東京に帰ろうとしましたが、
念のため実家に電話をかけてみました。

すると母が出ました。

昨夜のことを聞いてみたところ
僕は家には帰ってきてないということでした。

夢でも見ていたのかなと、
恐る恐る家に帰ったところあの異常な雰囲気は全くせず、
やはり家の中も特別に異常なところはなく
僕の住んでいた実家そのものでした。

両親といろいろ話をして、
その日の内に東京に帰りました。

家に帰る途中に実家から携帯に電話がかかってきました。

母からのようでしたが、何か様子がおかしく、
あの嫌な邪悪な空気を感じました。

「・・・戻ってきなさい・・・」

と言われました。

僕は無意識的にすぐに電話をきり、
携帯の電源を切っていました。

とにかく怖かった。

今でもあの一件が夢だったのか現実だったのか分かりません。

あれ以来あまり実家には帰らなくなりました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます