[超怖い話 実話] 身近に起こる怖い話 男性注意! 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 身近に起こる怖い話 男性注意! 短編

超怖い話 実話 短編


会社の同僚の飲み会の帰り、かなり酔っ払っていた

自宅へ向かって歩いていたが、途中から一人の女が後ろを付いてくるのに気が付いた。

後ろを歩いている女性を見すると、紙袋を持って地味な顔立ちの女性。

公園を通る時、酒を飲み過ぎたので公衆トイレに入った。

公衆トイレに入る前に、一瞬だったが女と目が合った。


IMG_1656.jpg

個室に入った男は、用を足した後、記憶がなくなったみたいに

便器に座ったまま眠りこんでしまった。

寒気がしたのと、外で怒鳴り声がしたので目が覚めた。

『 早くおりなさい!!』

そんな声がトイレの外から聞こえてくる・・・

慌ててトイレのドアを開けると、目の前には警官が居て、床の上で暴れてるヤツを押さえてる。

身の覚えがある紙袋が目に入った。

早朝パトロールしていた警官が、公衆便所の個室によじ登っていた人影が見えた。

覗きに来ると、男子便所の中で女が個室の壁に上がって隣の個室を覗き込んでいたという。

取り押さえようとすると、女は紙袋からハサミを取り出して

警官に切りつけたそうだ。

気づいたのは朝方の5時・・・

深夜の数時間のあいだ、眠っている自分をずっとハサミを持った

女が個室の上からジッと見ていたらしい・・・・

もう少しで、ハサミで大切な所を切られる所だった・・・


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます