FC2ブログ

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】人気のない暗い山道。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】人気のない暗い山道。 短編

友人K子の体験談。

真夜中にK子は彼氏とドライブを楽しんでいました。

そこは人気のない暗い山道。

当然、車が走っている気配もありません。

IMG_2289.jpg


彼氏と雑談を楽しんでいると
ふとK子の目に一つの電話ボックスが飛び込んできました。

中には10代半ばと思わしき若い女の子が電話をしている様子。

辺りには、彼女を待つ人の姿もなければ、
車もバイクも自転車もない。

一体、どうやってこんな山奥に来たのだろう?

「こんな真夜中にどうしたのかしら?」

そう思い、彼氏にそのことを伝えようとしたその時です。

電話ボックスにいた女の子が受話器を置き、
K子の方をぐるりと振り向いたのですが、
その女の子の首には包丁が深く刺さっていたというのです。

そして女の子は自ら首に刺さっている包丁を抜き、
電話ボックス全体を真っ赤な血で染めたというのです。

これを間近で見たK子は気を失ってしまいました。

気がつけば、K子は病院のベットの上だったのですが、
そばにいた彼氏に一連のことを全て話したそうです。

これは、後日直接K子から聞いたのですが、
ここまで聞いた私は身の毛のよだつ思いでした。

しかし、K子は次に信じられないことを言い出すのです。

「病院で彼氏にそのことを全て話したとき、
「電話ボックス、あの時、あったでしょ?気がつかなかった?」と聞いたの。
でも彼氏は「俺には何も見えなかった。電話ボックスも、女の子も・・・
ただ、急にK子が前触れもなく倒れたからびっくりした」と言うの。
それって私にしか見えなかったってことでしょ?」

じゃあ、あの電話ボックスと女の子は何だったのだろうか?

現在、K子とその彼氏は別れてしまいましたが、
K子はあの時のことを1回だけ口にした限り、
これ以上なにも語ろうとはしませんでした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます