【怖い話 実話 最も怖い話】あれ死んだかね、もう声しない訳だが 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】あれ死んだかね、もう声しない訳だが 長編

大学生だったころ

仲がそれなりによかった友人と

一緒にちと歩いて遠出をしていた

結構人がいるところだったんだが

IMG_1995.jpg


信号が青になったんで歩き出そうとしたらダチが

「ん?ちと待て」

と言って俺の腕をつかんだ

あ?と思った止まったが、
そこでイキナリ大きめの車(種類はわからない)突っ込んできた

後で聞いたところでは居眠り運転だったらしい

うわ!って感じでみんな避けたんだが
ちょうどなんか靴紐を結んでいたのか

中学生くらいの男の子が動けなくて、
思いっきり轢かれた

どんって吹き飛ばされるんじゃなく、
車体の下に引きずり込まれる感じ

グチャって感じだった

思わず目をつぶったんでよくは覚えてないが、
かなり酷いものだったらしい

血のにおいが充満してた

何より酷かったのは、
ひどい言い方かもしれないが死ねなかった事

その後そばの電柱にぶつかって止まったんだけど

「ひぃぎゃああああ」

って感じの叫び声が響いていた、

アレは思い出すだけで吐き気がしてくる

でも、それは別に怖くなかったんだ

怖くは無かったんだ、気持ち悪かったし、
うわぁ・・・とは思ったけど

「おお~~うるせぇうるせぇ」

マジで空気が止まった

轢かれた直後も止まってたんだが、
それとはなんか違った

轢かれた直度は、
なんかシーンとしてた感じだったんだけど
今度は、みんながこっちを見てた、
信じられないって感じで
張り詰めた空気って感じ

アレは怖かった、
俺をみていたわけじゃないんだけど、
周りに、20人くらい居たんだけど、
それが全員口を半開きにして
目を見開いてこっちを見てたんだよ

思い出すだけでも寒気がしてくる

そしたら、今度は笑って

「何、止まってんだ?救急車呼べよ
あ、いらないか?」

って言って、こっちも方見て

「どうだろ?
あれ死んだかね、もう声しない訳だが」

いつの間にか、声はしなくなっていた

その声で周りが一気に動いた

「オイ、救急車!」

って言う人や、
足早にそこを離れる人や吐く人やら

なんか、全員、
そいつから円を描くように離れて動いていた

直線状にそいつが居ると
みんな円を描いて移動してた

怒ってるって感じじゃなかった

不謹慎だって言うやつも居なかった

みんな逃げてた

そいつから

俺も怖かった

事故が起こる直前まで普通に話してたのにさ

マジで怖かった

そしてそいつは事故現場、
そのなんかひき肉みたいになっちゃってる場所を見て

「お、死んだ」

ってつぶやいた

後で聞くと、
ちょうどその時に死んだらしい

そいつは、
もうかれこれ七年以上会って無い

生きてるとは聞いてるが、
どこにいるかもよく知らない

ただ、精神病の患者とか、
そう言う人間には職業上よく会うんだが
なんか、そう言うのとはまるで違った

普通なんだよ、まるで普通

普通なんだけど、狂ってる、
そう言う人間って居るんだなって本当に納得した


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます