FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】「タロウクンッテ、シッテル?―――。」長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】「タロウクンッテ、シッテル?―――。」長編

僕の通っていた小学校にはある噂があった

「タロウクンッテ、シッテル?―――。」

学校の外の神社にポツンと佇む

一本の大きな桜の木

IMG_0956.jpg


その木下に暫く立っているとどこかでそうささやく声がする。

ハッキリとはしないが、確かに聞こえるそうだ。

誰か聞いたのかわからないし
噂が流れた経緯も定かではない

その桜の木はかれこれもう三十年も立っていたという。

僕はその言い伝えを全くと言っていい程信じていなかった。

何故なら、
これが霊的な現象そのものであるからと
わかっていたからだ。

僕が九つの歳一度その桜の木の下に立つことがあった。

それまでは敬遠していた場所だったが
その日はたまたまそこに立った。

確か数分程立っていたと思う。

不思議と時が早く過ぎた。

しかし、何も起こらなかった。

このときには気にも留めていなかったが、
あとでこの事を思い出して

「やっぱり作り話だったんだ
誰かが怖がらせようとして作った作り話だ」

と解釈した。

この言い伝えを知っているのは、
実はそんなに多くなかった。

自分のクラスで数人だったと思う。

しかし、僕がその噂を広めた辺りから
あっという間にその噂は学校中に広まった。

それから一年が平静に過ぎる。

5年生になった僕たちは好奇心が旺盛になり

僕と僕のクラスメイト
昭雄、健太郎、太郎と一度
桜の木の下に全員で立ってみようという話になった。

その日は確か晴れだった。

当時は現在と違い土曜日は短縮ながら
完全に登校日だったので、
日曜の朝に神社に行くことにした。

僕の家から神社まで
500mと離れてはいないだろう。

途中の坂道で僕の前を横切った黒いネコは
己の背中でこれから何が起こるのかを物語っていたような気がする。

その神社は周囲が緑に囲まれている。

低学年の時に一度寄ったことはあったが
その時とはまた違う空気が流れていた。

その大きな桜の木は、
神社の周りの緑の中でもまた一際違った空気を醸し出していた。

まず僕たちは一人ずつその桜の木下に立った。

最初は、昭雄だ。

「俺が死んだらマンガ返せよ」

と冗談交じりに昭雄は言う。

しかし内心は怖かったのかもしれない。

昭雄は桜の木下に立った。

2分・・・3分と辺りを静寂が包む

「何もねーよ」

そう言って昭雄は
桜の木下の陰の中からゆっくりと外へ出た。

僕らはやはり所詮は"噂"だという事を再認識した。

僕も健太郎も立ってみたが何もなかった。

残すは太郎だ。

太郎も数分立ち、安堵の笑みを浮かべる

もうさすがにないだろうと思い始めたその時
ピクリッ!と大きく太郎の顔が歪んだ

「どうした」

と僕たちが聞いても、反応はない

もしやと思い太郎を連れ出そうとするが
太郎は思い切り抵抗する。

しょうがなしに3人で
やっとこさ桜の木の下から連れ出した。

大急ぎで離れた場所まで連れて行った。

太郎は暫く言葉を発しなかった。

だが僕らが必死で問いかけて数分後

「おれのこと?」

と口にした。

僕らはさっぱり意味がわからなかった。

兎に角

「おまえのことだ」

と言ったと思う。

すると急に太郎は、
まるでダダをこねる子供のように
わんわんと泣き喚いたのだ。

これには僕らも脱帽した。

「あの桜の木の下で何かあったんだ・・」

そのとき僕らはハッキリと思い出した。

「タロウクンッテ、シッテル?―――。」

太郎の名前は紛れもなく、
「タロウ」である。

血の気が引いた。

今にも倒れそうだった。

とりあえずは太郎を家まで連れて行き、
太郎の両親にこのことを説明した。

こっ酷く叱られたがそれどころではなかった。

1時間ほどし、
太郎はやっと平常心を取り戻した。

僕らは問うた、

「何がおきた?」

と。

そして僕らは、
太郎から返ってきた答えに唖然とする。

「糸に引っ張られるようびぼれは後ろをぶくと
女の子が立ってびだ・・ん。」

「誰かな?と聞いてみたけど、返事がな・・」

「特に今時おかっぱなて、珍しい・・・」

「すると急に、顔ががわって、」

「お・・・恐ろしい顔に・・うっ・・」

太郎は大きく声を震わせながら
必死で伝えようとしてくれたが
僕らにはあまり事情が把握できなかった。

兎に角この桜の木のことについて
僕らは近所の色々な方に尋ねてみた。

すると、確か5件目くらいに当たった家で
そこのお爺ちゃんにこんな事を言われた

「悪ふざけはいかん!」

確かにそうだが、
何故ムキになって怒るのだろうと思った。

その後自分たちで調査してみて、
以下の事情がわかった。

「あの桜の木の下にいる少女は、雅江と言う」

「雅江は1940年代に何者かに殺されている」

そこで僕たちは勝手にこんな予想をしてみた。

「生前雅江さんは太郎さんという人に恋をしていた
でもフラれてしまってそのまま誰かに殺されて
まだ太郎さんに未練があるのだろう」

とまさに小学生らしすぎる安易な予想をした。

しかし太郎は2年前に心臓発作で他界している。

詳しいことは何一つワカリマセン駄文スマソorz


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます