FC2ブログ

[超怖い話 実話] あ。そ。ぼ。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] あ。そ。ぼ。 短編

超怖い話 実話 短編


中学校の頃だった。

その日は部活でしごかれて、家へ帰ってからお風呂にも入らず

疲れ果てて布団でうとうとしてた。

すると、金縛り。

体が動かず、声も出ないので、目玉だけが動かす事が出来た。

目だけ動かして部屋の周りを見ていると、足の先に少女の顔・・・

こっちを恨めしそうに、じーっと見てる。

じっと見ている少女の顔と自分の寝ている場所が近く、めちゃくちゃ怖かった。

目をそらしたいのに、視線が固まって目がそらせない。

少女を見ていると、口がパクパク動いてる・・・


『 あ そ ぼ 』



IMG_2068.jpg

何もする事が出来ないので、南無阿弥陀仏をずっと心の中で唱えてた。

随分と長い時間に感じたが、多分2分くらいで、その少女は消えた。

でも、次の日からその少女は夜になると、決まった時間に出てくる様になってしまった。

しかも・・・だんだんと顔の方に近づいてきてる。

2週間を過ぎた頃からは、腕の所位まで来てた。

口をパクパクして、あ。そ。ぼ。

毎日でて来る少女に、その日は心を込めて南無阿弥陀仏と念じた。

成仏してくださいと、必死に心を込めて念じた。

すると・・・

今までは口をパクパクと動かしているだけの少女が、初めて声を出してしゃべった。


『 そんなことしても きかないよ・・・』


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.09|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます