[超怖い話 実話] 撮り鉄さん達 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 撮り鉄さん達 短編

超怖い話 実話 短編


通勤途中に踏切があるのですが、そこには撮り鉄さん達が何人かいて

電車をカメラで撮っています。

結構な大人や子供までいて、平日でも電車を撮っている。

その日は祝日で、いつもよりカメラを持っている人達が多かったので

” 珍しい電車でも来るのかな・・・? ”

と思ってました。

丁度、踏切の遮断機が下りて電車が・・・

すると、何十人ものカメラを持っている人達が、線路をはさんでカメラを構えるポーズをしたので

どんな珍しい電車が来るのかと思って、電車が来る方向を見ていました。


IMG_1970.jpg

でも、いつもと変わらない普通の電車。

その時でした。

『 ドン! 』

後ろから誰かに強い力で押されました。

” ぷぁ〜 ”

あと少しで、電車の線路内に入ってしまう程でした。

すぐに後ろを振り向いたのですが、誰もいない・・・

でも、何十人もカメラを持った人達が私の方にカメラを向けてました。

「 ちぇ 」

カメラを持った人達が、皆そんな言葉を発していて

おしかったな〜・・・・って口が動いて・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
  • No Tag
2018.07.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます