[超怖い話 実話] No.1キャバ嬢の怨念 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] No.1キャバ嬢の怨念 短編

超怖い話 実話 短編


時給が良いバイトがあるからと、大学の頃に友達に誘われて夜の仕事に勤めていた時の話です。

キャバ嬢だったのですが、No.1の売れっ子の女の子が1人いました。

いつも、色々な男性からの指名が入っていて、財閥の人や政治の人などと毎日忙しくて売れっ子でした。

その女性は20代後半でしたが、年齢をごまかしていたので20代前半で通ってました。

ある日、その中のNo.2の女の子が、No.1の女性を抜いちゃった事があって・・・


IMG_1588.jpg

よくある話なのですが、もちろん2人はライバル同士で、脇で見ているこっちも怖い位の女の戦いでした。

ある社長さんがお客さんに付いた時、今まではNo.1の人に付いていたのに

No.2の女性は1位になったので、その社長さんが取られてしまった。

今までNo.1だった女性は、裏世界の人に頼んで、なんとかしてもらないかとお願いしたそうです。

彼女は連れ去られて、遠い異国へ船で送られてしまい、今ではストリップBARで働いている事を聞きました。

” 片足がない 女性として・・・”


半年程して、辞めましたが・・・

彼女は今まで通り、No.1の売れっ子キャバ嬢として未だに働いているそうです。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます