【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】息子は午後7時には自宅にいなかった、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】息子は午後7時には自宅にいなかった、短編

もう何年も前になるが、中学生女子が人が

ほとんど寄りつかない廃ビルで殺害される事件があった。

警察によると容疑者の目星はすぐに付いて、

被害者の知り合いの高校生男子が犯行を自供したという。

IMG_1349.jpg


「昨日の夜7時過ぎに廃ビルに被害者を呼び出して殺害しました、
そのあとすぐに家に帰ってそれからは外出してません。」





確認のため警察からこの事を尋ねられた容疑者の父はこう証言したそうだ。


「息子は午後7時には自宅にいなかった、
いつ戻ってきたかまでは覚えてないが午後8時には確かにいた。」





さらに死亡時刻を絞り込むため、被害者の母親にも話を聞いたところ。


「あの日、娘あてに大体午後7時と8時にメールをしました、
7時の方は返信が来たけど8時のは来ませんでした。」





被害者母証言の裏付けのため、被害者の携帯電話を確認したところ、


確かに午後7時頃と8時頃にメールが来ており、


たしかに7時の方は母親あてに返信があったが、


8時の方は開けられたまま返信されず放置されていたのだった。





【解説】



















高校生男子は被害者を殺したと思っていたと思っていたが、

まだその時は息があって、

母親から来たメールを見ることはできたけれども、

メールを返す力はなかったのだろうか。



それとも幽霊となって、

メールを開いた?



もしくは第三者が通りかかって、

何を思ったか被害者の携帯からメールを見て、

そのまま立ち去ったのか…





第三者だとしたら、

何のためにすでに死んでいるはずの被害者に近づいて、

携帯からメールを見たのだろうか…



そんなことをする理由は普通はないはずなのだが、

普通ではないとしたら…?



この高校生が息の根を止めたと思っていたら、

まだ意識があった可能性もゼロではないが、

だからと言ってメールを開くくらいの力が残っているとも思いづらい。



そうなると、幽霊となってメールを開いた、

となってしまうのだろうか。





ちなみにこの話は

実話をもとに書かれたもの、

というのが一番怖いところだろう。



携帯電話の謎については、

結局わからずじまいのようだ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます