【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「悪いんだけどもう少し静かにしてくれない?短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「悪いんだけどもう少し静かにしてくれない?短編

ある夜俺は友達のアパートで飲み会をしていた。

夜の二時を過ぎた頃、俺の携帯電話が鳴った。

友人のAからだった。

「悪いんだけどもう少し静かにしてくれない?

IMG_1365.jpg


俺朝一でバイトあるから寝ないといけないんだ。」



「あ!ごめん、静かにするわ盛り上がっちゃて。」



Aからの苦情を一緒に飲んでいる友人たちに伝え、



声を小さくして話す事にした。



しかし20分後また携帯電話が鳴った。



またAからだった。



「いい加減にしてくれよ、夜中に何やってるの?

台所とか風呂の方から凄い音するよ!」



「…おかしいな、悪い。」



電話を切った。



その時、一緒に飲んでいた友人の一人が俺を見て言った。



「あれ…、Aが住んでるのってお前の部屋の隣じゃなかったっけ?」





【解説】



















語り手は

『友達のアパート』で飲み会をしていたが、

友人Aと電話で話した時は、

自分の家で飲み会をしていると勘違いしたのだろう。



おそらく自分の家でも何度か飲み会をしていて、

同じように電話されることが何度かあったために、

勘違いをしたのだと思われる。



しかし、実際は友達のアパートの家であるため、

今語り手の家には誰もいないはず。



にも関わらず、台所やお風呂で凄い音がしている。



泥棒となると、

台所やお風呂に行く理由はないし、

そもそも音を立てて盗みを働こうとはしないだろう。



では、幽霊か?

となっても、誰もいない部屋で暴れている幽霊を想像すると

なんだか寂しくなってしまうので、

違うということにしておきたい。

(友人Aを怖がらせるためかもしれないが)



となると、ストーカーや語り手を憎んでいる人の犯行か?



凄い音、となると色々と破壊しているのかもしれない。



となると、憎んでいる人の犯行となるし、

語り手がいない時を見計らってとなると、

近しい存在なのかもしれない。



台所とかお風呂の方からすごい音とか、

何かをバラしているしている音…だったら嫌ですな。



帰ったら辺り一面が血まみれで何かの死体があったら…

トラウマになること間違いなし。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます