FC2ブログ

[超怖い話 実話] あの世のとこの世の結界  長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] あの世のとこの世の結界  長編

超怖い話 実話 長編


ある夏休み、1組のカップルと男3人とで海へ旅行へ行った。

夕方になってから、皆でバーベキューを浜辺でやっていた。

飲み物がなくなってきたから、近くのコンビニへ・・・

荷物番として、カップルの彼女一人を残して、男3人とカップルの彼氏の車2台でコンビニへ買い出しに行った。

しかし、買い出しに行ってからだいぶ経っているのに、帰ってこない。

コンビニは海岸の近くで見たのに、何で帰って来ないか心配になった彼女。

彼氏の携帯電話へ電話しても、友達に電話しても留守番サービスになってしまって

携帯電話が繋がらなかった。

1時間を経過した頃になって、ようやく1台の車が見えた。

彼氏の車ではなく、友達3人の車だった。

「 随分時間が掛かったけど、何かあったの? 彼は? 」

車から出ていた3人の男友達は 全身血だらけ
だった。

『 実は、交通事故にあっちゃって・・・落ち着いて聞いてくれ・・・』



IMG_1275.jpg

『 あいつ・・・事故に巻き込まれてしんだんだ・・・・』

彼氏が死んだと聞かされた。

「 今まで、警察と話をしていて遅くなったんだけど、明日の朝早く又、警察へ行かないといけないんだ・・・」

彼女は彼氏が亡くなったと聞かされて半狂乱になり、言葉が出ない程のショックでした。

『 でも・・突然だったから、あいつもしかして、自分がまだ死んだ事がわかってないかも知れないな・・』

取りあえず、今日はこのまま持って、明日改めて、警察へ彼女も一緒に行く事になった。

3人の男友達の中で霊感が強い子が一人いて、その子がこんな事を言い出した。

「 あいつ・・・もしかしたら、魂が今日あたりに出るかもしれないから

 結界を張ってあいつが入れないようにしよう。彼女だから、あっちの世界に連れていかれるかもしれないから・・・」

霊感の強い子は、呪文を唱えながら、ローソクを角4つ置いてその中に4人で朝まで待つ事にした。

彼氏が亡くなった事で、皆は落ち込んでいたが、想い出話などで亡くなった彼を皆で惜しいんでいた。

空が少しづつ明るくなった頃だった。

『 〜い! お〜い!!何やってるんだ?!!』

遠くから声が聞こえてきた。

段々と近づいて来るのは、返り血を浴びて真っ赤に染まった彼氏の姿だった。

『 やばい!!あいつの霊がこっちに来る!! 』

「どうしよう・・・私連れていかれる・・・」

『 大丈夫!!俺ら3人が付いているから!!』

しかし、彼はどんどん近づいてくる。

彼氏 『 おい!!何やってんだよ!!!』

「 やめてー。あなたはもう、死んだのよ!」

『 早く!!ここから出ろ!! なにやってんだよ!!!』

彼は彼女の手を、結界の線から引っぱり出してしまった。

血だらけの彼・・・

すると彼は

『 交通事故にあって。3人が死んだんだ。今まで取り


       調べで時間がかかったんだよ・・・』



亡くなったのは、男の友達3人組の車の方で、結界を張ってこの世とあの世を繋げて、もう少しで

彼女をあちらの世界へ連れていってしまうところだったそうです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます