[超怖い話 実話] 人肉パーティー 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 人肉パーティー 短編

超怖い話 実話 短編


バイトで仲の良い友達同士で、鍋パーティーに参加する事に。

鍋パーティーを行うその子は、一人暮らしの家に住んでました。

午後のバイトが終わってから私は行く事になっていたので、夜の9時頃になってしまいそうだったので

とりあえずは、電話をしてみました。

「 大丈夫だよ。待っているね 」

バイトが終わったのが、9時を過ぎてしまったので、急いで一人暮らしの家の子の家へ急ぎました。


IMG_2132.jpg

電車を乗り継いで、その子の家の近くの公園を通り過ぎた所でした。

何だか ・・焦げ臭いにおい・・・

段々と人だかりが出来ていました。

” その子の家が火事!! ”


2階に住んでいた、その子の家のアパートが火事に・・・

呆然としている友達が見えたので、大丈夫だったか聞くと。

『 今日は 焼き肉パーティーに


             なっちゃったよ・・・』



泣きながら、言ってました。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます