【怖い話 実話 一番怖い話】友達2人(男)を乗せて大洗にナンパに行きました。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】友達2人(男)を乗せて大洗にナンパに行きました。短編

この話は実際に体験した話です。

俺が18のころ。

免許取り立ての俺は、


友達2人(男)を乗せて大洗にナンパに行きました。
IMG_1455.jpg


午後1時、海に着くと運が良かったのか、
可愛い娘がうじゃうじゃいて俺達はハーレム状態でウキウキでした。

でさっそく日が暮れる前に調達しようと俺達はちりばり、
ナンパしにいきました。

運よく一人につき一人ずつ調達できた俺達は
とりあえずいい時間だし、
ホテルに行こうかということになりました。

しかし俺が調達した娘以外門限があったらしく、
しょうがなく二人は送ってあげてから家にかえりました。
(次の日に向かえにきてもらう。二人はアド交換してる。)

二人には悪いと思いながらも、
俺はその娘とやりたいことだけで頭はいっぱいでした。

そして、とりあえず酒(違法すいません)でも飲みながら
世間話をしていました。

その娘は栃木の鬱の宮出身らしく、
とても明るく気さくでいい娘でした。

歳はたしか20だったと思います。

俺は早く酔わせようと必死でしだが、
その娘は強くなかなか酔いませんでした。

逆に俺が酔ってきて、
でも、負けるかとやりたいことも忘れ
俺は少し失敗したな~と思いましたが、
いつしか酔い合戦になってました。

飲みはじめて、
3時間その娘もよいだしてきてきました。

娘は酔うと人が変わったように饒舌になり、
何故か(宝)がどうとか話しだしました。

俺も酔ってたし、
彼女も酔ってるのだろうと適当に聞いていました。

すると、その娘はズボンのポケットから紙を出し、
俺に渡してきました。

その紙には(たからの地図)と書いてあり、
私は逆ナンのネタか?と思いながらも
それを読んでみました。

地図にはネタとは思えないほどリアルな道筋が書いてあり、
これは何かときこうと顔をあげると、
今までそこにいた彼女はいませんでした。

もうその紙はなくしてしまいましたが、
不思議な体験をしました。

翌日その話を友達に話しても、
失敗したなと馬鹿にされるだけで
信じてもらえませんでした。

因みにその(たからの地図)はなくなったというより
財布に入れておいたはず(友達にみせようと)なのに翌日消えていました。

あの娘は何者だったんだろう。

いまでも不思議な出来事です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます