FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】小学校の頃まで住んでいた場所の話し。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】小学校の頃まで住んでいた場所の話し。 短編

小学校の頃まで住んでいた場所の話し。

5分ぐらい歩いたところに大通りがあり、

踏切がある。

その大通りに面して民家と商店が建ち並んでいる。

IMG_1946.jpg


踏切から数えて3件、民家、美容院、民家とある。

事の始まりはどこからなのか分からないが、
まず、この3件並びの話し。

冬の5時ぐらいだったと思う。

煙たさと同じに消防車のサイレンが鳴り響き、
大通り方面に赤い炎が舞い上がっていた。

近所の友達と友達のお母さんと共に見に行くと
この3件がものすごい勢いで炎上していた。

出火元は美容院だったらしい。

3件目は同級生の家で、
余ってる布団やら衣類などを学校で集めて
持って行った記憶がある。

しばらくして、
その家は引っ越してしまった。

3件の場所はしばらく空き地になっていたが、
いつのまにか、建売住宅が3件出来ていた。

踏切に面した家に人が入ったが、
半年もしないうちに
その家から出火してまたもや3件が全焼してしまった。

その後に3階建てのアパートが出来たが
これもまた、1年もたたないうちに全焼してしまった。

そのあと、駐車場になり、
マンションの建設が始まったが、
基礎工事の時にやはり出火し、全焼してしまったが
引き続きマンション建設は行われていた。

建設途中で引っ越してしまったから、
そのマンションから火事が出たかは分からない。

そして、踏切。

大通りは交通量が激しいものの、
踏切先までずっと一直線で見通しの良い道路だったが、
遮断機が下りているのに二人乗りのバイクが突っ込み、
電車に轢かれる事故、車が突っ込んで
電車と衝突する事故が幾度となくあった。

飛び込み自殺は聞いたことが無い。

3件に面した大通り。

ここもなぜか、
この場所だけの交通事故が絶えなかった。

私の知ってる限りでは
小さい子供とおばあさんが亡くなって、
同じ学校の子が両足骨折の事故をしている。

4件目は小さなプレス工場があったが、
そこから先と反対車線と反対車線沿いの家側では
これといって何も起こっていない。

不思議なのは、そんな火災、事故が続く場所なのに
幽霊が出たとか見たとか、
因縁めいた話しも全く無いことだった。

あまりにも多いので、
神主さん呼んで御払いしたこともあった。

今はどうなっているのだろう。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます