FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】「おーい、○○(俺の名前)」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】「おーい、○○(俺の名前)」 短編

バイト帰りの電車を降りたとき、後ろから

「おーい、○○(俺の名前)」

を呼ぶ声がした。

そりゃ、ここに書くんだから振り返っても誰もいない。

IMG_1467.jpg


気にもせず、改札を通るとまた

「おーい」

と声が聞こえた

ちょっと怖くなってきたので小走りで帰ると
また聞こえてきた、しかも何回も。

家まであと200メートルくらいのところからもう連呼。

「おーいおーいおーいおーいおーいおーい。」

って感じ。

全速力で家までダッシュした。

こんなに走ったのは高校以来だった

走りながらタバコをやめるかなぁと考える余裕ができ、
速度をゆるめ、家まで歩き家の前まで来ると聞こえなくなり、
油断して鍵を回すと後ろからってか耳元から

「聞こえてんだろ」

マジでビビッた


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます