FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】暇さえあれば山辺の道を歩いていた時期があります。 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】暇さえあれば山辺の道を歩いていた時期があります。 長編

高校生の頃、

暇さえあれば山辺の道を歩いていた時期があります。

三輪山の霊気は、独特で非常に強いし、

あの辺りは歩いていても心が和むんです。

IMG_1379.jpg


道のあちこちにある石仏も優しげですしね。

汗かいて、一服していたら、

「今日は暑いの」

と話し掛けられ

「そうですね」

と何気なしに答えたら、
石仏が微笑んでたなんてことはよくあります。

さて、この辺り有名な古刹が点在しています。

そのひとつにお参りしました。

山の斜面に建立されたそのお寺は山そのものが聖域です。

小さな洞窟もあり、しめ縄で入り口を塞ぎ、
「立ち入り禁止」としています。

こういうのは修行場で一般人の立入禁止にしている場合と、
修行場だったけどやばくなったんで
立入禁止にしている場合もあります。

ここの場合は後者でした。

勿論、そんなところへ入るほど愚かじゃありません。

境内を登っていくと、
極太のしめ縄でそれ以上
上へは上がらぬようにしてます。

「立入禁止」の標示も
やたら大きくあちこちにあります。

(やばいな・・・・)

そう思ったんですが、
その結界の前に猫がいました。

僕をみてます。

小猫みたいに小さいんですが、
明らかに成獣です。

白く美しい華奢な美人です。

(・・・・使い魔?)

こういう場所には時々出るんです。

猫は「ついておいで」と言うように
顎をしゃくると結界の中へ入っていきます。

何も考えずついて行きました。

松林の中を暫く行くと
唐突に拓けた場所に出ました。

崩れた卒塔婆があります。

猫はそこで立ち止まり僕を見つめます。

彼女がなぜ僕を連れてきたのか分かりました。

卒塔婆を直し、
白い素焼きの徳利と杯があったので
側の小川で水を汲んでお供えしました。

ひととおり終わったところで、
猫が擦り寄ってきます。

頭を撫でてやって、見るとなにか咥えています。

錆びた銀の簪でした。

赤い珊瑚で飾っています。

黒ずんで汚れて見る影もありませんでしたが・・・・

猫はこの簪を渡したいようです。

受け取ると頭を下げました。

ひとり戻ると、
結界の所に中年のお坊さんが私を待ってました。

にこやかに微笑んでいます。

私に向かって手を出しました。

僕は無意識に簪を手渡しました。

「ご苦労様でした」

お坊さんはそう言うと
きびすを返して戻っていきました。

その時はなんの違和感も無かったのですが、
今、考えると大分奇妙な話です。


さて、後日談。

数年後、恋人だった今の妻と嵯峨野へ旅行へ行きました。

天竜寺の渡り廊下でポーズを取る妻を
カメラに収めようとしたとき、庭に人影を見ました。

真紅の毛せんを敷き、
ちんまりと座ったお姫様です。

15、6歳の可愛い娘でした。

直感であの卒塔婆の主だと確信しました。

お姫様は僕にお辞儀をすると消えました。



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます