FC2ブログ

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】地元でもかなり有名な病院の廃墟だか城跡だかに行ったらしい。 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】地元でもかなり有名な病院の廃墟だか城跡だかに行ったらしい。 長編

友人Sの友人の体験談。

要するに俺にとってはただの他人。

Sの友人達が肝試しと称して、

地元でもかなり有名な病院の廃墟だか城跡だかに行ったらしい。

IMG_2052.jpg


なんで、病院か城跡かっていうと、
2回目に話を聞いた時、
そのロケーションが違っていたから。

ネタの可能性も高いが、
その際に起きた事件は事実らしい。

とにかく、肝試しに廃墟らしき場所に行った、と。

何事もなく探索を続け、
怖さも和らぎ、笑いながら廃墟内を巡っていた時。

ある一室に入り、
何かないかと物色していたら急に周囲に人の気配。

見えないけど人の気配。

全員霊感はないが、出たなと思ったらしい。

ソレは入り口の前に陣取り、
出るに出れない状況だったらしい。

どうする?と云う感じで目配せし、
逃げる機会を伺っている間にも気配は増え、
遂に囲まれた。

逃げ道は背後の窓のみ。

ちなみに二階。

飛び降りた。

全員飛び降りた。

そして走った。

でも最後に飛び降りたヤツだけ足を押さえ蹲っている。

折れるような高さじゃない。

仲間が心配そうに駆け寄り声をかけると、

「足が痛い。熱い」

と言ったと云う。

担いで逃げた。

「ホントにそれで終わりかよ?」

最初にその話を聞いた時、
俺は冗談半分にそう言った。

そして時が経ち、
何か怖い話してくれとSに強請った時、
この話をお思い出し、
本当はどうだったの?って訊いた。

最初はしらばっくれていたが、
しつこく食い下がったらSはゆっくりと語り始めた。

足を痛がっていた友人は、
神経が切れ、不具になってしまったらしい。

最初に話を聞いた時はSは骨折だと言っていたのだが。
飛び降りる刹那、足が熱くなり、
そのまま着地したら、足が動かなかったそうだ。

病院に行って精密検査を受けたら、
外傷は無いのに神経だけ綺麗に切断されていたらしい。

鋭利な刃物で切られると、
痛いと言うより熱いと云われるのは本当だったんだね。

結局、今も松葉杖を突いて生活しているそうだ。


伝聞文章で申し訳ないです。

で、これ群馬の話なんだけど、
本当にこんな噂ある城跡か廃墟病院ってあるの?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます