FC2ブログ

【怖い話 実話 一番怖い話】バイトまで時間があったので自分の部屋で寝てた。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】バイトまで時間があったので自分の部屋で寝てた。 短編

俺が高1の時の話。

学校から帰ってきて

バイトまで時間があったので

自分の部屋で寝てた。

IMG_1471.jpg


ふと気配を感じて目を開けると
腹の前に黒い影みたいなモノがいた。

俺は壁の方を向いて寝てたから、
壁と腹の間にいたと思う。

怖くて目を閉じようとしたんだけど、
なぜか目が離せなくて凝視するしかなかった。

その影は本当に真っ黒で
表情も何もわからないはずなのに、
なぜか赤ちゃん(1歳くらい?)で、
笑ってるのが分かった。

影は笑いながら前に後ろに揺れていて、
しばらくその状態が続いて突然消えた。

安心して起きようと思ったら
今度は真上から強い視線を感じた。

しかもほんの数センチの距離だと思う。

目を数ミリ動かしたら見えそうな恐怖があって
体はおろか目も動かせなかった。

そいつもしばらくして消えたけど、
恐怖ですぐには動けなかった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます