FC2ブログ

[超怖い話 実話] 頼むから・・・短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 頼むから・・・短編

超怖い話 実話 短編


仕事帰りの事でした。

その日は仕事が遅くなってなってしまい、夜の10時を過ぎた頃やっと仕事が終わりました。

いつもの慣れた道で、車を運転して自宅の道を帰っていました。

夜も遅い時間であった為か、すれ違う車もありませんでした。

車を運転していると前方に、千鳥足で道路の真ん中を歩いている人が見てきました。

酔っぱらっているのかと思い、ゆっくりと通り過ぎようとした時、その人が急にこちら側に倒れこんできたんです。


IMG_2382.jpg

もう少しで車にぶつかる所でした。

『 危ない!! 死にたいのか!!』

その人に怒鳴ってしまいました。

その人はそのままゆっくり立ち上がり、顔は鬼の様でこちらを睨みつけてました。

ここでトラブルになっては面倒なので、そのまま車は走らせました。

『 おい!! 頼むから・・・

 
         頼むから ひいてくれよ!! 』



そう言いながら、もの凄いスピードで後ろから追いかけてくる男性。

年齢は、30歳前後でした。

冗談じゃない! それからはそこの道は通ってませんが、ついこの間、すっかりと忘れてしまい

そこの道を通ってしまいましたが、そこには 花束が 置かれてました。

あの男性だったかは、わかりませんが・・・・


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます