[超怖い話 実話] 赤ちゃんのお人形 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 赤ちゃんのお人形 短編

超怖い話 実話 短編


家の近くには川が流れています。

川といっても、どぶ川みたいな感じで綺麗な川ではないです。

コンクリートの壁の下に川は流れていて、雨が降った時には増水したりまします。

その夕方からはゲリラ豪雨で、ものすごい雨が降ってました。

次の日になって、すっかりと晴れていたのですが、駅へ向かう時に川を見たら、赤ちゃんのお人形が

川の中にありました。

昨日の大雨のせいで、どこからか流れてきたのか、顔が真っ黒で少し可愛そうだな・・・と思ってました。


IMG_2157.jpg

仕事から家に帰った時に、なんとなく川の人形はどうなったかな・・・・?

っと思って、朝、人形があった所を見てみました。

誰かが人形を動かしたのか、川の端に人形が置いてありました。

次の日の朝、今度は人形が道ばたに・・・

仕事帰りに見ると、前あった最初の場所からは5m程の所に置いてありました。

今朝、起きてみて驚きました。

「 家の 玄関の前に

        あの人形が置いてあったのです 」



あれから雨は降ってなかったのに、髪の毛はびしょ濡れで、しずくが滴り落ちてました。

「 気持ち悪い・・・・」

すると、くるっと頭だけ 動いて・・・


『 まま・・・・ 』


って・・・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます