FC2ブログ

【怖い話 実話 恐ろしい話】弟が生まれるんでひと月くらい一人で預けられたことがある。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐ろしい話】弟が生まれるんでひと月くらい一人で預けられたことがある。 短編

おばさんの実家が古い仕出し屋で、

弟が生まれるんでひと月くらい一人で預けられたことがある。

店は大人ばかりで忙しそうで、

敷地の中の探検ばかりしてた。

IMG_1708.jpg


表が店と母屋で、裏に厨房と蔵と、
昔は使用人の部屋で今は倉庫になってる離れがあった。

その離れの隅っこに物置があって、
すりガラスの引き戸が必ず少し開いてて
中に皿とかお椀とかがあるのが隙間から見えた。

入ろうしたこともあるんだけど、
見た目より重い戸で開けるも閉めるも出来なかった。

そのうち板前のにいちゃんと仲良くなり、
気になっていた物置の戸の事を聞いたら

「閉めるとお化けがでるんだよ」

と言われて、
子供心に嘘だろーと思っていた。

別にその後大したことも無く過ごして家に帰った。

何年かしてから、
その店が廃業したとおばから聞いたときに、
そのときの話をしたら、
詳しいことを教えてくれた。

昔はその仕出し屋は、
婚礼なんかのときには
その家に行って料理してくる方式で、
戦後くらいにそうやって料理しに行った板前が
花嫁とできちゃったらしい。

結局店の当主にばれて女の家にも知れて、
二人ともその道具のしまってある
「支度部屋」で心中した。

その後片付けようとして部屋に入ると
変な音を聞いたり、女を見たり、
具合が悪くなるヤツが続出して片付けも出来ず、
取り壊そうとすると店の当主が倒れたりして、
どうにも出来ないままになってた。

しかも戸を閉めると
すりガラスにぶら下がってる影がうつるので、
閉めることも出来ず、
で結局戸に釘を打って隙間が空いたまま動かないようにした。

俺が預けられてから数年してから
店で修行していたおばの従兄弟に代替わりしたんだが、
裏に新しい厨房を作るので
その離れを壊したところ
従兄弟が急に倒れ一ヶ月ほどで亡くなり、
店も続けられず廃業になった。

結局土地も全部更地になって
人手に渡ったんだそうだ。

その従兄弟ってのが
俺が仲良くしてもらった兄ちゃんだった。

俺は知らなかったんだが両親は葬式出たらしい。

話聞いたときはすごいショックだった…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます