【怖い話 実話 恐ろしい話】時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐ろしい話】時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが 短編

オレが昔火葬場でバイトしてた時の話。

ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、

黒いSUV車が入ってきて成金な感じで

時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが

IMG_2102.jpg


車から出てきて死体を焼いてくれって言うんだよね。

通常は死体なんか直接運んでくる前に
業者とか親族から連絡があって、
こっちも届出人の保険証とか死亡届書を持ってくるようにとか
時間も指定してお願いするんだけど、
そのおやじは斎場長にもう話が通ってるから
すぐ焼いてくれってかなり高圧的言ってくるんだよ。

なんでとりあえずそのおっさんに待ってもらって
斎場長に話しに言ったら返事一つで焼いてやれっていうもんだから、
しょうがなくすぐ準備してオーブン(火葬炉)開けたんだよ。

死体は30才くらいの男で
なんかまだ死んだばっかというか
普通の死体よりも顔もピンク色してたんだけどね。

死体は普通焼く前にもう一回確認するんだけど
外傷とかは別になくてきれいなもんだった。

で棺桶しめて炉に入れて焼き始めて
大体20分くらいしてからなんだけど、
オーブンの中からもの凄い音がすんだよね

ドカンドカンって。

その時もうオレは目の前真っ暗になった。

もしかして生きてたんじゃねーの?って…。

でももう20分もしたら
桶なんか全部焼けてるくらいだし
例え生きてたとしても
今さら開けて助けるのは無理だって思って
しかとしちまった。

ていうか手足がガクブルってどうすることもできなかった。

通常1時間くらいもあれば
死体なんて全部灰になっちまうんだけど
めちゃめちゃ怖くて30分くらいずっと
オーブン開けられなかった。

例の成金おやじみたいのはもういなくなってた。

オレはどうしても怖いから斎場長呼びに行って
オーブン開けるの立ち会ってくれってお願いた。

焼いてる途中で中で音がしたことも全部説明した。

で、結局斎場長が開けたんだけど、
炉を開けるときになんか焼肉みたいな匂いが
ぷ~んと漂って来た。

で斎場長がトレイを引っ張り出したら
その男はなぜか半生に焼けただれていて
体もうつぶせになっているように見えた。

その瞬間オレは訳がわからなくなって
気が遠くなって倒れたんだけどね。

でも今冷静に考えてみると
きっとその男まだ生きていたんだな…。

そんで焼かれる熱さでオーブン中で
棺桶をめちゃくちゃにぶっ壊しながら暴れていたんだと思う。

恐らくそれで中のバーナーが壊れて
体が完全に焼けず半生だったんだな。

オレは倒れてから
一度もその火葬場には行ってないから
正確な事情は良くわからない。

でもその後斎場長がオレのとこに会いに来て
なぜか1000万くれた。

他言無用だとかそういうことは一切口にせず。

ただ1000万くれたんだよね…。

今はその金で暮らしているわけだが。

トラウマになって今でも夢にでてくる。

しんどいわ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

No title

私のブログをご覧いただきありがとうございます。
お体のご様子は、いかがですか?
統合失調症は加害者がいます。
病気ではなく、ご自分の責任でもありません。
よろしかったら、facebook”Masahiro Akiyama”もご覧ください。
加害者への反撃方法が書いてあります。

2018-04-21 04:41 from 秋山昌浩

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます