FC2ブログ

[超怖い話 実話] 黒板の謎 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 黒板の謎 長編

超怖い話 実話 短編


ほとんどの学校の校舎は、黒板に向かって机が並んでいます。

そして、学校の窓は左側にあり、右側が廊下になっていますが・・・

これは、左側から光を取り入れる仕組みに考えられているからだそうです。

ある学校が増設される事になり、西側に窓を付ける事になりました。

新しい黒板と教室になった初めての授業の時、黒板に向かっいる先生の背中が

真っ赤に血で染められていた。

怪我をしたと思い、先生が保健室へ行くと怪我もないし何も傷もなかった。

それから1週間たったある日。

数学の男性の先生が、授業中に泡を口からはいて、倒れてしまう事になってしまった。


IMG_1525.jpg

西側の窓と黒板の置く場所に関係していたらしく、そこの教室を使う教師には不幸が起きるとされ

教室が閉鎖された。

何年かしてクラス会があり、増設された教室の話題に・・・・

クラス会には数学だった先生も来ていて、その先生によると・・

あの日、授業をやっていると、耳元で

『 お前が悪い・・・』


女性の声で、言われたそうです。

その後の記憶が全くなかったようで・・・

気がつくと、病院のベッドだったそうです。

西側にある事によって、封印されていた何かが、解かされたのかもしれません。

現在も、その教室は閉鎖されているそうです。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます