FC2ブログ

[超怖い話 実話] トラックの運転手の死体 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] トラックの運転手の死体 短編

超怖い話 実話 短編


昔バイトで、トラックの運転手の仕事をやっていた頃に聞いた怖い話。

トラックで高速を運転してる時。

トラックの後方を確認する為に、トラックを走りながらドアを開けて後ろを確認するってのはよくある事でした。

たまにトラックの運転席から転落してしまうの事もあったりして、危険なので本当は駄目なのですが。

あるトラックを運転していた男性が、走行中にいつもの様にドアを開けて後方の確認をしていた所

トラックのドアから間違って転落してしまい、亡くなってしまった。

乗っていたトラックは、そのまま走っていってしまい、トラックはそのまま崖下に転落した。

運転手の死体だけが道に残された。


IMG_2381.jpg

高速道路という状況なので、他の車が次々と死体をひいていった。

朝になり、崖に落ちたトラックが発見され、乗っていたドライバーを探したが

道路に落ちていたのは 頭と指だけ

他の体のパーツは、行き交う車にひかれて ひき肉みたいになって道路にへばりついてたそうで。

この話はその道を走ったドライバーに聞いたのですが

車で走っていたとき、道が濡れたようなシミみたいになってた部分があったらしい。

でも、その濡れた様なシミの部分の道路は、トラックが見つかった崖下の所から

随分と離れていた場所だったそうです。

東名高速で本当にあった実話の事故です。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます