[超怖い話 実話] 二度と来るな!! 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 二度と来るな!! 長編

超怖い話 実話 長編


随分と昔の話になるので、今はあるかどうか分かりませんが、奥多摩方面へ向かう街道沿いに有名な

幽霊病院がありました。

心霊スポットとしても、当時は有名な廃病院。

そこの場所へ友達5人で肝試しへいきました。

正面玄関は鍵が壊れていたので、入る事が出来て、懐中電灯を持って各階の病棟を見ていました。

地下には霊安室がありましたが、一緒に来ていた女の子が気分が悪いと言い出したので、車に戻る事に。

具合が悪いのか、車に戻ってもその子は下を向いたまま、ぴくりとも動かないままでした。

『 大丈夫? 』

皆が心配している中、いままでうなだれていた体を急に起こして・・・

「 お前ら!! 二度と来るな!! 」


そう言って、ガクッと 気を失ってしまいました。


IMG_1975.jpg

病院へ連れて行こうとしましたが、廃墟の病院へ行ったのがばれてしまうのを恐れて

取りあえず一緒に来ていたM君の家へ皆でいきました。

30分もすると、青ざめていた女の子の顔も良くなったのですが、廃病院の記憶が全くなかったそうです。

皆の落ちこんだ気分を盛り上げようと、M君がビールを取りに台所へ向かった時に、留守番電話にメッセージが・・

10件までの留守番電話の9件が無言電話でした。

最後の1件のメッセージが 「 お前ら!! 二度と来るな!! 」

そして、1件目から10件目までのメッセージが同じ時刻の 2時30分 ・・・・・


私達は興味本位で肝試しへ行った事を後悔しました。

でもそれだけでは終わらず、それぞれが自宅へ帰り、それぞれの電話に 2時30分 にメッセージが入っていました。



” お前ら 二度とくるな・・・”


                 と・・・・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます