FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「ばあさんこそ、なかなかの腕前じゃ…」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「ばあさんこそ、なかなかの腕前じゃ…」 短編

「おじいさん、オセロ上手ですねぇ…」

「ばあさんこそ、なかなかの腕前じゃ…」

二人は大の仲良し。

今日も縁側でオセロを楽しんでいます。

IMG_1353.jpg


「162対162。また引き分けじゃ」





【解説】



















『162対162』



駒が324個ということは、

碁石を使って碁盤でオセロをしている。



碁石は裏側も同じ色なので、

ひっくり返しても当然同じ。



つまり何度やっても必ず引き分けとなる。





おじいさんとおばあさんはボケているといえるかもしれないが、

なんだか微笑ましい光景である。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます