[超怖い話 実話] 残暑お見舞い申し上げます 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 残暑お見舞い申し上げます 短編

超怖い話 実話 短編


昔の年賀はがきや手紙を整理していた時に、随分と黄ばんだはがきが出てきました。

小学校の時に仲の良かった友達からの 残暑お見舞い でした。

懐かしいな〜と思って見ていると、3学期になっても仲良くしようね・・・

などと書いてあったのですが・・・


IMG_2387.jpg

はがきの最後には、残暑お見舞いを書いた時の日付や時間などが書いてありました。

平成 26年 8月 20日 10時35分

でも、小学校の時なのに・・・

その時は平成元年だったはず・・・


平成26年 8月 20日 10時35分 


友達は交通事故により 亡くなった日付と時刻でした 



自分が亡くなる日時など、あの時にすでに知っていたのかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・?


超怖い話 ランキング ★★★★☆




関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます