FC2ブログ

[超怖い話 実話] 死に顔が見える手鏡 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 死に顔が見える手鏡 長編

超怖い話 実話 長編


中学生の頃の友達が、お寺の子でした。

夏休みに入ったある日、友達3人でお寺の家の友達の家へ泊まりで遊びに行きました。

昔からある古いお寺の家で、周辺がとても静かだったので、夜でも周りに気にする事なく

学校の話や部活の話などで盛り上がってました。

その内怖い話をする様になり、お寺に住んでいる友達に今まで怖い体験談とか話はないの?

と、聞いてみました。

なんだか、思い空気になってしまい、「 ないなら別にいんだけどね・・・」

その場の雰囲気を変えたくて、違う話をしようとした時に


「 あるよ・・・ちょっと待ってて・・・」

そう言って、部屋を出ていき、古い手鏡を持ってきました。


IMG_1456.jpg

こっちは興味津々で見ていると、お寺の友達は真剣な顔で

「 この鏡 夜中の3時ぴったりに見ると 自分の死ぬ時の顔が見えるんだ 」

最初は半信半疑で、笑ってました。

その時の時間が、もう少しで夜中の3時になろうとしている時刻でした。

『 じゃあ試してみよう・・・』

一緒にいたクラスのC君が、言い出しました。

せっかくだから、ラジオの音を付けてから3時ぴったりになったら鏡を見る事にしたのですが・・・

肝心の手鏡を持ってきたお寺の友達は、怖くなったのか部屋から出ていってしまいました。

ラジオを付けてみると、まだ深夜2時56分でした。


『 ポ〜ン 時刻は3時になりました 』

ラジオからは3時になった時刻を伝える声が・・・

『 見た ? 』

「 ・・・うん。見たけど 何も変わってない自分の顔だったよ。 」

な〜んだ・・・

ほっとしたのか、C君はトイレは行ってくる、と二階の階段を降りて行きました。

すると、もの凄い音がしました。

C君が二階の階段から落ちてしまった音でした。

落ちどころが悪く、即死でした。

” その顔は まるで生きている様な死に顔でした ”


 手鏡で映った時のように・・・



超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます