【怖い話 実話 一番怖い話】夜中にふと目が覚めたときのこと。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】夜中にふと目が覚めたときのこと。 短編

今の所に引越してきてから

変なことがたまにある。

何年か前、

夜中にふと目が覚めたときのこと。

IMG_1740.jpg


なんだまだ真っ暗じゃないか…と思いつつも
バッチリ目が覚めてしまって寝付けなかった。

布団の中でゴロゴロしていたら、
枕元の座布団が「ポスッ」って
音を立てて凹んだ。

ぎょっとして数秒、座布団を凝視。

それ以上は何も起こらなかった。

金縛りとかはなってなくて普通に動けたが、
なんだったんだろう?

因みに、座布団は朝になっても
拳大の凹みがついたままだった。

今の所に引越してきて間なしの、1月頃。

部屋の南西の角に置いた机で勉強していたら、
前髪がなびいた。

寒いから窓もドアも締め切ってるし、
エアコンはつけていなかった。

自分の息でもない。

なんだかよくわからないが、
固まっていると首筋にも空気の流れを感じた。

……

そういえば、この部屋に引越してきた時、
何かイヤな感じがして
布団を敷く位置を部屋の入口にしたんだった。

部屋の奥、
机の背後は本棚でぎっちり埋めた。

何かあったとか言う話は聞かなかったけど、
あの風はなんだったんだろう?

3年くらい前の今頃の季節。

夜中にふと目が覚めた。

暑かったのか、
布団を蹴って左足を立て膝にしていた。

その膝に誰かが手を置いている。

因みに、自分は一人暮らし。

???となって、膝を見たが何もない。

女の人っぽい柔らかい手の感触だけがある。

「あの歌が聞きたいのに」

と、女の人が言った気がした。

へ?何言ってんの?

あの歌って…あの歌?

何故かどの歌のことかわかった。

でも夜中に歌なんて歌えないし…
この世の人じゃないのは明らかなので
聴こえなかった振りをした方がよさそうな気がした。

そんなことがあったのを忘れた頃に、
部屋であの歌を歌った。
(当時は機嫌がいい時、
鼻歌じゃなくてちゃんと歌っていた)

一気に部屋の空気が和んだ。

和んだ事でその夜を思い出した。

自分は歌は上手くないんだが、
幽霊?の女の人はリクエストして待っていたらしい。

それ以来、何もないので成仏してくれたのかな…と思う。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます