[超怖い話 実話] 樹海の宿 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 樹海の宿 長編

超怖い話 実話 長編


一年前の初夏、河口湖の方へ仲間とツーリングへ行きました。

夜は湖畔でキャンプをして、一泊二日の旅行です。

まだキャンプをするにも時間があったので、樹海へ行ってみようと言う事になり、バイクを止めて入る事に。

樹海に入って20分程すると、突然の大雨。

ずぶ濡れになりながら、何処かに休める所は無いか探していると、森の中に休暇村と書いてある看板を見つけました。

小さい小屋みたいになっていて、宿泊できる宿の様でした。

車も1台停まっていました。

しかし、人の気配が全く感じられませんでした。

『 すいませーん』 返事はありませんでした。

まだまだ 雨が降っているので、どうしようかと思っていると、仲間の1人が非常口を見つけて鍵も掛かってなかったので、中に入る事ができました。


IMG_2138.jpg

大雨で外に出る事が出来ないため、一晩ここの小屋へ泊まろうと言う事に。

ロビーの方へ行ってみると、休業のお知らせの張り紙が書いてあり、火事になったのか

部屋中すすだらけ。

まるで 焼身自殺したかの様に人間の形の黒焦げの場所


なんだこれ・・・・

気味が悪い・・・

すると、真っ黒い影になっているフロントのドアが少しだけ開いているのが見えました。

でも、奥に何かいる・・・?  チラチラと動いているいるものが・・・

じっと見ていると、耳元で

  あ け て ・・・

小さい女の子の声でした。

うわーーーーーー!

大慌てでその場から逃げましたが、外は大雨。

逃げ惑う自分たちの後ろから、だだだだだーーーーーーー。

何人もの、足音だけが響いてました。

振り返ると、湿った土には何十人もの 足跡 が・・・

ツーリングは中止し、二度と樹海は足を踏み入れる事はやめました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます