【怖い話 実話 本当にあった怖い話】若干気持ち悪かったのですが・・・ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】若干気持ち悪かったのですが・・・ 短編

前に会社の寮に住んでいた頃に

怖い体験をしました。

元々、あの寮は古くて、

若干気持ち悪かったのですが・・・

IMG_1726.jpg


体験をしたのは、二人部屋の時で、
同期のヤツと同じ部屋でした。

その部屋は8畳ほどで、
部屋の両隅に備え付けの二段ベッドがありました。

たぶん、昔は
4人部屋として使われてたのでしょう。

二段ベットは木のはしごが取り付けられており、
二人とも上のベットは荷物置き場にしていました。

ある夜、1時も過ぎたので寝ようかと言うことで
電灯を小さな常夜灯にして二人とも布団に入りました。

私は、あまり寝付きが良いほうでないので、
しばらく起きていましたが、
友達の方は寝たらしく寝息が聞こえていました。

そのうち、時計を見て

「やばいな~もう2時だよ」

寝付けないな~と思っていると、
体が急に動かなくなり金縛りになりました。

「何?何?」

と思っていると、
寝ている私の喉元がサワサワ触られている感じがして
金縛りのまま目だけ開けました。

そうしたら、
仰向けに寝ている私の喉元をベットの外から
右手を伸ばして触っている
真っ黒な人物がいるではありませんか!!

手の太さからして成人男子のようでしたが、
小さな常夜灯がついているにも関わらず、
全身真っ黒の人影でした。

なので、顔も分からず、
髪があるのかないのかもわかりませんでした。

始めは、隣で寝ている友達のいたずらかと思ったのですが、
友達の寝息は聞こえ続けていて明らかに別人でした。

私は、

「ヤバイ、怖い!」

と思い、

「やめてくれ!やめてくれ!」

と叫びましたが、
金縛りで声が出ずうーうーうなるだけでした。

その黒い人は、
ひたすら触り続けているので、
必死でもがき、

「うわーーーーー」

と叫びました。

そのとたん、金縛りはとけ、
黒い人も消え去りました。

あとに残るのは、
寮の廊下に残る私の叫び声の残響だけでした。

不思議なことに
廊下に響き渡るほどの叫び声を上げたにも関わらず、
同じ部屋に寝ていた友達は起きませんでした。

私は、もう寝ることができず、

「冗談じゃねぇぞ、冗談じゃねぇぞ」

とつぶやきながら、
部屋にあったウィスキーをロックで
朝まで飲んでた次第です。

この寮では、この後に数回、金縛りにあったのですが、
幸いにも黒い人はあらわれませんでした。

ただ、金縛りの最中に耳元、と言うより
頭のなかでマーチのような音楽?が
ずーと聞こえていたと言う経験もありました。

なんなんでしょうね?

お経だったらそれっぽいんですが。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます