FC2ブログ

【怖い話 実話 不気味な話】「入ってはならない」という部屋がある。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】「入ってはならない」という部屋がある。短編

俺の実家は結構広くて

「入ってはならない」という部屋がある。

「入ってはならない」って言っても

大抵はお札とか張ってあって結構安全なのよ。

IMG_2609.jpg


だから、俺が中学は行ってから
「入ってはならない」という部屋に入っても
何も言われなくなった。

でも、離れの小屋には
絶対に入れてくれないわけ。

中学だった俺は
子ども扱いされていると怒り、
忍び込むことに。

小屋の鍵をこっそりと
じいちゃんの部屋から掠め取って
昼間に忍び込んだ。

夜は明らかに霊だと分かる
兵士のような人が二人立っているから、
あえて昼間に忍び込んだ。

中に入って驚いた。

「ひぐらしのなく頃に」
ってゲーム知ってるかな?

その中に祭具殿っていう
拷問用の道具をしまっている倉庫があるんだ。

それにそっくり。

当時、ひぐらしなんてゲームもなかったから
俺は拷問道具とは分からずに
「かっけー」とか思って見てたんだ。

するとどうだよ、
俺はまだ道具に触ってもないし
振動も与えてない。

包丁みたいな物が上から落ちてきて、
左手小指が切り落とされた。

不思議に痛みはないわけ、
でも怖くなってじいちゃんのところに逃げ出したよ。

そしたら一発殴られて
近所の神社でお払い。

お払い中に
神社の神主さんの弟子みたいな人が
泡吹いて倒れたよ。

お払いが終わった次の日、
倉庫が火事になった。

いや、なったと言うより
じいちゃんが放火した。

じいちゃんはぼけてなどいなかった。

「お前達はもうここを守らなくていいんだ」

と言って兵士達を供養してたみたいだね。

詳細は不明。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます