【怖い話 実話 本当にあった怖い話】オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、 短編

オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、

夏休みを叔父の家で

過そうとハイウェーを車でとばしていた。

途中で運悪くタイヤがパンクしてしまった為、

IMG_3652.jpg


車を脇に止めてタイヤ交換を始めようとしたK子さんは、
しばらく車を走らせながら辺りに細心の注意を払っていた。

実はこの半年の間に
ハイウェーで女性ばかり3人が惨殺される連続殺人事件が起こっており、
マスコミも『ハイウェーの殺人鬼』と名づけて騒ぎになっていたのである。

犯人は未だ捕まっておらず、
警察もハイウェーで不用意に車を止めてはいけないと注意を促していた。

給油所を見つけたK子さんは、
車を近づけてガッカリした。

閉鎖中とある。

店内に行って見たがやはり誰も居ない。

次の給油所まで100kmもある。

せめて電話がないかと探したが、
撤去されていた。

(仕方がない。早く交換しないと暗くなってしまう)

K子さんは車に戻り、
タイヤ交換を始めた。

経験のあるK子さんは30分程で交換を済ませてホッとしていた所、
後ろから一台の大型バンがやって来た。

バンはK子さんの車の横でスピードを緩めたかと思うと
50m程前方で停止した。

バンから男が出て来た。

男はK子さんの車を指差して「大丈夫か」と言う。

男の喋る英語はナマリがきつく、
よく聞き取れなかったが

「タイヤ交換を終えたので大丈夫。ありがとう」

とK子さんは答えた。

男はジッとK子さんを見つめて

「オレの車で送るから乗れ」

とかいう意味のことを言った。

(とんでもない。
見知らぬ男の車になんか絶対乗れるものか)

恐くなった

K子さんは、慌てずに自分の車に近付いた。

すると男は車から離れて、
こちらへ走ってくる。

よく見えなかったが
手にピストルを持っている様にも見えた。

すぐさま車に飛び込んだK子さんは、
急発進で男から逃れた。

なんて事だ。

まさか自分が『ハイウェーの殺人鬼』に出会うなんて。

バックミラーを見ると
男もバンに飛び乗って追いかけてくる。

後ろからバンがクラクションを鳴らし、
ライトを点滅させてくる。

バックミラーを覗くと
男が運転席から何やら叫んでいた。

もう間違いない。

あいつは『ハイウェーの殺人鬼』だ。

次の給油所は確か100km程先だ。

それまでバンを引き離す自信が無くなり掛けていたK子さんは、
前方のハイウェーからそれた場所に農家を見つけた。

人の居る場所までは行けば、あいつも諦めるだろうと
K子さんは急ハンドルでハイウェーから出た。

後ろを振り返ったK子さんはゾッとした。

バンが付いて来るのだ。

農家はもう目の前だった。

ゲートを突き破って農家の庭に入ったK子さんは
車を止めて大声で助けを求めた。

家から男が出て来た。

ゲートを壊されて激怒している男に
K子さんは変な男に追いかけられている、
もしかすると『ハイウェーの殺人鬼』かもしれないと説明した。

ビックリしている男とK子さんの前に、
例のバンがやって来た。

男が

「銃を持って来い!」

と家の中に叫ぶと、
奥さんが猟銃を持って出て来た。

バンから出て来た男は

「オレじゃない、オレじゃない」

と叫んでいた。

K子さんを指差して

「アンタの車の中だ」

と言う。

農家の夫婦とK子さんが、K子さんの車を覗くと
後部シートの下に長髪の白人の男が横たわってジッと見上げていた。


以上、オーストラリアから帰国した従姉妹から聞いた
向こうの都市伝説らしい。

日本も向こうもパターンは同じなんだね。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます