FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】埼玉県A市の岡という場所に 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】埼玉県A市の岡という場所に 短編

埼玉県A市の岡という場所に

日本橋と言われる橋がある

線路の上にかかるなんて事のない普通の橋なんだけど、

近隣の住人から『幽霊橋』と呼ばれている

IMG_2582.jpg


ある夜、友達の母親は
仕事が長引き夜中に職場を出たそうだ

街灯が少ないので
足早に家までの最短距離を急いだ

すると道の前方が
うっすらと明るくなっていたそうだ

最初光を見たときは
車が向かって来たんだなぁと思い
気にせずに歩いていたらしい

若干うつ向き加減に歩いている時に
ふと車とすれ違わない事に気付いた

その道は一本道で横に曲がる場所は一切ない

それに気付いた時に急に怖くなったらしく
恐る恐る顔をあげたそうだ

車はやはり来ないが
まだうっすらと明るくなっていた

よく見てみると
地面というかその場所が光っているらしい事に気付いた

だが何が光っているのかはよく分からない。

この段階で恐怖があったらしいが
道を引き返すのもイヤなのでそのまま歩いて行った

段々と近づいて行く内に
何やら地面の当たりがユラユラと揺れていた

そこはちょうど息子(俺の友達)に聞いた幽霊橋だった

恐怖に駆られていたが
橋を通らずに帰るのも
来た道をほとんど引き返さなければいけなくなる為に
意を決して進んだ

そして橋を見渡せる位置(橋の手前は軽い上り坂)にまで来た時に
信じられない光景を見た

地面が揺れていると思ったモノは芒だった

それも橋の上にだけ咲き乱れる様に
芒に埋め尽くされていた

橋はアスファルトで出来ており、
芒どころか雑草すらほとんど生えてはいない

思わず橋の前で立ち尽くしてしまい
目の前の風景に唖然とするだけだった

すると橋の中央に何やら黒い塊がモゾモゾと動いていた

良くないモノだとすぐに気付いたらしい

だがどういう訳か目をどうしても逸らせず注視していた

すると黒いモノが突然ニューっと細長くなり、
何かを型どり始めた

グニグニと動きながら型どったモノは
ちょうど人の背格好みたいな感じだったらしい

さらに注視していると
その人の様なモノがゆっくりと振り向く様に反転していった

足が震えていたが
逃げる事はおろか目を瞑る事すらできなかったそうだ

そして黒いモノが完全にコチラを向き、
近づいて来た瞬間
弾かれる様にその場所から逃げ帰ったそうだ

次の日友達の家に遊びに言ったらその話をされ、
最後にその黒いモノについて語ってくれた

『本来人の頭があるであろう所には何もなく、
代わりにちょうど腹の辺りに顔があった。
顔の右半分が長い髪で隠れていた女だった。
ドス黒い肌で細い目だけがギョロギョロと動き回っていて、
自分を見つけるとニヤ~っとさも嬉しそうに笑った。
そして手と思われる所には鎌が握られていた』

胡散臭そうに聞く俺達を他所に怯えた様子で話していた

最後に暗くなったら幽霊橋には近づくなと釘を刺された

もちろんその後
外に遊びに行くといって幽霊橋を見に行ったが
単なる橋で何も見ることはなかった


以上で終わり

だけど事実かどうかはかなり怪しい

何故なら幽霊橋と名付けて
出るぞって噂流したのは俺だからな

気付いたら近隣住民や周りの学校の生徒ですらそう呼び出す始末

ただ友達の母親はマジでビビりながら話してくれた

もしかしたら本当に出る場所だったのかも知れないね

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます