【怖い話 実話 恐怖体験談】僕にはちょっとした超能力?があった。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐怖体験談】僕にはちょっとした超能力?があった。 短編

中学の前半くらいまで、

僕にはちょっとした超能力?があった。

それは明日誰々と出会うとか、

ジャンケンで負けなくなるとか、

IMG_1915.jpg


勘がすごく強くなるって類の

まぁ本当にちょっとした超能力?みたいなの。

それを発揮するのには少し儀式みたいのが必要で、
自分では「頭を狂わす」って言ってたんだけど、
意識を集中して次から次へとごちゃごちゃした
具体性のないものを考えていって
叫び出す一歩前くらいまでいってから、
それを一気にクリアにするっていうもの。

で、子供の頃からそういうのを時々やってたんだけど、
中学のある時、学校で花札の「こいこい」っていうのが流行った。

なんで中学で花札かwと思うんだけど、
そのうち本当にお金を賭けだすまでになって
今からすれば少額なギャンブルだったけど、
みんな結構本気になってやってた。

僕からすれば初めて自分の能力が役に立ちそうな場面だったから、
例の超能力?を発揮。

ガンガン使って、
連戦連勝で結構な額を勝った。

そんなことをしていたある日、
普通に家に帰って夕食までTV見てた。

で、何気なく仕度してた母親をみたんだけど
違和感があった。

あれ、この人だれ?って。

どきっとして周りをみると、確かに自分の家で、
夕飯を作ってるのは自分が忘れるはずのない人なんだけど、
知ってるのは判ってるのに、それが誰だか判らなくなってる。

その事にものすごい恐怖を感じて呆然としていたら、
TVでたぶんなんかのアニメだったはずだけど、
そこから流れてる声もまったく意味が分からなくなってきた。

音としては聞こえてるのに、
言語として意味を理解できなくなってきた。

もうパニック。

夕食を作ってる人に呼びかけようとするんだけど、
なんて呼んだらいいのか判らない。

それどころか、
どうやって言葉を出したらいいのかもわからない。

やばい、「頭を狂わせ」すぎたから、
本当におかしくなった!ってもうパニック。

泣きながら目を閉じて必死に、
ごめんなさいごめんなさい、って謝り続けた。

母親が「どうしたの?」って聞いてきて、
それがちゃんと理解できたときは本当に安堵した。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます