【怖い話 実話 恐怖体験談】俺の友人が夏にキャンプに行ったときの話。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐怖体験談】俺の友人が夏にキャンプに行ったときの話。 短編

俺の友人が夏にキャンプに行ったときの話。

友人含めた男3人、

女3人の仲良しグループでバーベキューしたり

まぁそれなりにキャンプを楽しんでたんだそうだ。

IMG_1609.jpg


で、夜になってテント張って、
男女それぞれ分かれて寝よう、ってことになったんだが、
実は友人は女の子グループの一人とこっそり付き合ってて、
皆寝た頃にテント抜け出してどっかでイイコトしよう、と企ててた。
(外は真っ暗だから、ちょっと離れればドコでもできそうな感じだったらしいw)

で、友人は他の二人が寝るのを待ってたらしいんだが、
そのうちいい感じで他二人が寝息を立て始めたんだそうだ。

友人がそろそろ抜け出そうか、
と思った矢先、外から

「ガサッ、『ケン』、ガサッ、『ケン』、ガサッ、『ケン』・・・」

って音とも声ともつかないものが聞こえてきた。

「ガサッ、『ケン』」って音は遠くの方から近づいてきて、
ちょうど自分と女の子たちのテントの周りを
ぐるぐる回ってる感じで聞こえたらしい。

最初

「犬か何かかな?」

と思ってた友人も、
だんだん薄気味悪くなってきて
テントから出るのを躊躇してて、
抜け出す約束してた女の子にメールを送ったそうなんだが、
バイブにしてればいいのにその時は音が鳴る設定にしてたらしく、
隣のテントから着メロが鳴っちゃった。

着メロが鳴った途端、
聞こえてた「ガサッ」って音が女の子のテントに集中し始めて、
どんどん早くなっていったらしい。

友人は女の子の身に何かあったら、っていうのと
メールして音鳴らしちゃった罪悪感で
たまらずテントから飛び出した。

そしたら、女の子グループの一人(友人が付き合ってたのとは別の子)が、
手足をめちゃくちゃに振り回しながら
狂ったように大笑いしてテントから走っていったらしい。

付き合ってた子はワンワン泣き喚いてて、
友人が駆け寄って話しかけても
答えられないぐらいの有様だったそうだ。

辛抱強く友人が慰めて、
どうにか落ち着いた女の子が言うには、
着メロが鳴って他の女の子二人が起きたんだが、
そのうち一人が起きた瞬間からすごく低い声で

「ケンケンケンケンケンケンケンケン・・・・・・・・・」

って笑いながらつぶやき始めて、
そのあとテントから飛び出していったんだそうだ。

その後は男2人をたたき起こして、
皆でいなくなった子を探しに行って、
明け方にようやく見つけたんだが、
目の焦点が定まらない感じで、
足取りもふらふらしてて、
呼びかけにも答えられない状態だったらしい。

キャンプも早々に切り上げて
みんなで病院に連れて行ったらしいんだが、
詳しい原因も良く分からず、
その子の親に連絡して駆けつけてもらって、

「あとは私(親)に任せてください」

という言葉をもらって、
帰ってきたんだそうだ。

そんな事もあって、
友人は彼女との関係もあまり長続きせず、
最近別れたんだが、
そんな友人を慰めようと電話したらこんな恐怖話をされてしまった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます