【怖い話 実話 恐怖体験談】専門学校の帰りの電車の中での話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐怖体験談】専門学校の帰りの電車の中での話 短編

専門学校の帰りの電車の中での話

ある都営線の終点に住んでるんだけど

いつも通り学校終わって帰りの電車に乗り込んだ

新宿駅だったから無茶苦茶込んでたんだ

IMG_2647.jpg


でも終点二つ前のN駅辺りで一気に人が減る訳

んでも残り二駅だし
座らないでドアの前に立ってた

そんで次の駅に向かう間かな

俺の右後ろの座席に女の人が座ってた

最初は窓の反射で
チラっと目に入っただけだったんだけど
よく見たら変な服装してる。

ツバの広い黒いハットに黒のベストで黒い手袋。

さらには真っ黒のロングスカート

外国映画の葬式のシーンに出てくる人みたいな

しかもものすごいガリガリで正に骨と皮だけって感じ

内心気味悪いとか思いながらも
興味を引かれてチラ見してた

そんなこんなで見てたら
ちょうど終点一つ前の駅を出発したんだ

『あぁ次だ』

とか思って駅表示の電光板を見てから
女の方に目を戻したら女のいた席は空席だった

降りた気配もないし
出発してから見たのにいない

怖かったけど
恐る恐る周りを見回してもやっぱりいない

この時点で心臓が鳴りまくって
冷や汗も出てきた

余りの怖さに目を瞑って
地元の駅に着く事をひたすら祈ってた

やっと電車が遅くなって駅に着いたと思って目を開けた瞬間
マジで殺されるかと思った

ドアの窓を見たら女が俺のすぐ後ろに立ってた

その瞬間にドアが開いたので
ダッシュで改札に向かった

もう泣きそうだった

帰り道もひたすら全力ダッシュで家に向かい
やっと家に着いたと思ってホッとした

あ~怖かったと思いながら
自宅のマンションのエレベーターに乗ろうとボタンを押した

数秒後にエレベーターが来たがB1に向かう

ふざけんなとか思って待っていても
中々上って来ない

恐怖とイラつきが絶頂に達し、
エレベーターのドアに蹴りを入れると
ようやく下のドアが閉まる音がした

早く早くと心の中で思いながら待っていると
エレベーターが上って来た

そこで俺は驚愕した

エレベーターにその女が乗ってた

目の前で開いたエレベーターの奥で
うつ向きながら立ってた

余りの事態に身動きも取れずに立ち尽くしていると
エレベーターのドアが自然にしまった

上って行くエレベーターを目で追っていると
女の顔が見えた

そして驚愕した

目が真っ赤に充血してて目の下が真っ黒

焦点が定まってないような感じで
幸い目が会う事はなかったけど
なんちゅうか呪怨の顔みたいな

しばらく動けず
やっとの事で歩けるようになった俺は
階段を上って帰宅した

家に帰り親に話したが信じてもらえず
特に不幸もなかったから良かったけど
あの女は人間とは思えなかった

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます