FC2ブログ

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】少なからず不思議な縁と絆が宿る。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】少なからず不思議な縁と絆が宿る。 短編

de0a63be-s.jpg

向かいの家の犬が死んだ。

ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。

お爺さんは犬の散歩の途中、
曲がり角で倒れこみ、
そのまま帰らぬ人となった。

脳出血だったらしい。

それから一年。

その犬は主の来ない庭で、
何を思って生きたのだろう。

お爺さんの最初の命日に、
お爺さんの息子が犬を散歩に連れて行った。

気を利かせたつもりだったのだろうか、
お爺さんが死んでからは違う道順を辿るようになっていたのに、
その日は、お爺さんと犬が十年以上ずっと辿っていた散歩道を歩かせた。

お爺さんが倒れた曲がり角を通った時、
犬はそこで急に立ち止まり、座り込んだ。

しばらくそのままでいさせてやったが、
さすがにずっと座っているわけにもいかず、
息子さんは犬を引っ張ろうとした。

けれどもその犬は、
そのまま眠るように死んでいた。

飼い主とペットには、
少なからず不思議な縁と絆が宿る。

たぶん、
その曲がり角で犬はお爺さんに再会できたのだと、
僕は思うのだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます