【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】子供好きなせいかわからんけど、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】子供好きなせいかわからんけど、 短編

IMG_1264.jpg

子供好きなせいかわからんけど、
良く「子供の霊が憑いてるね~」とか言われる。

そんな俺が前に夜ツーしてる時、
日中でもあんまり行かない狭い峠道に行った時の話。

ちらっと夜景が見えるってんで思いつきで行ってみたんだけど、
周り真っ暗でちょっと怖かったので、
インカムで音楽聞きながら走ってた。

目的地までもう少しかな~って頃、
ゆっくりミュートがかかったように静かになったとたん、
「あぶないよ」と子供の声が。

え?と思ってたら、

「ステルスを受信しました。ピロロロロッロロッロロロr!」

とレーダーが反応し、
軽くパニクった俺はその場で停止、
次の瞬間見たのは、
対向してきた軽トラがこっちの車線を塞ぐようにガードレールに突っ込む場面だった。

とりあえず救急に電話しつつ軽トラのジジィを見に行ったら、
車の中はアルコール臭でいっぱい。

ジジィはいびきかいて寝てるし。

俺は子供は好きだけどジジババは嫌いなので、
思わず殴りかけました。

で、結局救急車とパトカーが来て警察に色々聞かれ、
気分が萎えた俺はその後帰って寝ました。

次の日、あの子供の声がなかったら事故ってただろうなぁと気がついたんだけど、
どこの子供かもわからないしお礼のしようがないんだよな。

とりあえず、

「昨日は助かったありがとう。早く成仏出来ると良いね」

とは祈ってみた。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます